船 フィールドレポート

寒イサキに苦戦

水温の低い冬の海では魚が越冬のために体に脂肪を貯めます。全体に脂が乗って、中にはお腹に脂肪の層を作る魚体もあります。外房のイサキも同様で、この脂ノリノリのイサキを狙って私の所属する釣りクラブが毎年例会で狙っています。今回は2月25日に外房小湊港の伊豆丸より10名で釣行したレポートです。伊豆丸は仕立て専門の船宿なので、気の合った仲間での釣りには最適な船宿です。出発前の釣り座抽選では、左舷トモ2番で好位置をゲットして好釣果が約束されたはずだったのですが…!

出船は6時と遅めです。ポイントの釣り開始が6時半なので朝もゆっくり釣行。釣り座が操舵室の側だったので魚探を見せてもらうと、40mの根のポイントにタテ型の良い反応がポツポツとあります。しかし水田船長の話では水温が15度まで下がってしまったこと。冬の釣りでは水温低下は致命的で食い渋りが予想されます。当日は久しぶりの凪と晴天ですが、2日前に吹いた春3番の南西風の影響でしょう。

規定の時間となり船長の合図で釣り開始。行川沖タナは18mです。イサキのタナは水面からの表示が一般的です。仕掛け分余分に道糸を降ろして、コマセを1m毎に振り出しながら船長の指示したタナでアタリを待ちます。この日の道具はコマセシャクリ用の竿に中型電動リール、道糸は10m毎に10色、5・1m毎に黄色のラインが見やすい10×10船プレミアム4号。イサキ釣りのようにタナがシビアな釣りでは最適です。釣行前に撥水効果がプラスされたPEにシュッ「プロ仕様」を道糸に。仕掛けは片テンビンにコマセカゴは規定のFLサイズ60号。今回は食い渋りを想定しハリスはハードトップ1.5号を使用しました。ハリはイサキ釣りでは定番のカラーバリで私はムツバリをチョイス。付けエサは船宿でイカタンが支給されますが、私はバイオワームを前日に切って持参しました。

指示ダナで何回か誘いますが、やはり船長の心配通りアタリはありません。好調な時には朝の第一投からイサキはアタリを伝えます。それとこの日は北西の風が吹いていたため、船は我々の座っている左舷トモから右舷胴間に流れます。我々左舷はコマセ係状態です。一投目から右舷胴間の周りではポツポツとイサキが釣れています。私にも2流し目にアタリがきて一荷釣りを達成。

左舷のメンバーは一生懸命コマセを振り出していますが、やはり好調に釣れるのは右舷のようです。

左舷で特に好調なのは胴間の佐藤氏で、どの流しでも型を出しています。

ここ何年の海水温上昇の影響でしょうか、20mのタナで釣れたのは南方系のウメイロ? 私は続けて2尾、船中でも数尾上がりました。

右舷の好調の陰に隠れた形ですが、右舷でもポツポツですがイサキは上がりましたが、やはり食い渋りの特徴か20cm前後の型が中心です。


私も本日最大の25cmが釣れましたが、活性が低いためかアタリも小さく引きもいつもの鋭角な引きではありませんでした。

アタリが無くなると船長はポイントを変え、水深の指示も16~20mと変わりましたが、後半はアタリも遠くなり11時半に納竿となりました。食い渋りの中やはり竿頭は39尾を釣り上げた佐藤氏で、続いて右舷大ドモの秋山氏で26尾。私は竿頭の半分にも満たない18尾でそれでも3番手。平均は14・5尾と水温低下に泣かされた釣行でした。

今後イサキは水温の上昇とともに深場から産卵のために浅場に移動してきます。南房地区のイサキも3月から始まりスタートから規定数の釣果もでているようです。これから最盛期を迎える千葉県のイサキ釣り期待十分です。

[当日のタックル]
竿  :ダイワ リーディングネライ M200
リール:シマノ プレイズ 800
道糸 :VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号 200m
ハリス:VARIVAS ハードトップ 1.5号 3.5m
ハリ :カラームツ 9号(グリーン・ピンク・ホワイト)3本仕掛け
カゴ :サニービシFL 60号
天秤 :船テンビンK型 40cm
Y社ゴムヨリトリ アジ・イサキ SP 1.5mm 30cm
その他:VARIVAS PEにシュッ![プロ仕様]
    ドライアーマー コンビネーションウインターレインスーツ(VARS-07)
    VARIVAS フリース(VAAW-16)
    VARIVAS ピンオンリール
    VARIVAS 千鳥柄ワークキャップ(VAC-44)
    VARIVAS キャップストラップ(VAAC-17)
    VARIVAS SEA STAGE ライフジャケット ポーチタイプ
    VARIVAS ストレッチフィットグローブ 5(VAG-08)
    VARIVAS ヒップガード(VAHG-02)

[船 宿]
外房 小湊港 伊豆丸
Tel. 04-7095-2488

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ