船 フィールドレポート

小湊沖のアマダイ

冬に最盛期を迎える釣りにアマダイ釣りがあります。つぶらな瞳に黄色やオレンジの衣装を纏った綺麗な魚です。京都ではグチと呼ばれ椀物などで食されているようです。余り群れを作らずイサキやアジのように沢山釣れない貴重な魚です。普段は海底に穴を作って生息し、潮が良い具合に流れると穴から出てきてエサを捕食します。アタリも明快で巻き上げ途中の引きもパワフルです。千葉県の外房地区では数は少ないものの、50cmを超える大型が釣れるのも魅力です。また外道も多彩で、マダイ・ハナダイ・カイワリ・オニカサゴ・小アラなど高級魚が盛りだくさん。このアマダイを狙って1月14日に、外房小湊港の寿々木丸から釣行したレポートです。

今年に入ってから強い寒気が日本列島を度々襲い日本海側では大雪、太平洋側は強風で大シケ状態。釣行前日も大シケで出船不能でした。釣行日も10時頃から北西の強風予想、それでも乗船するという釣り人が私を含め4名集まりました。

集合は5時40分。時間になると鈴木達也船長が出船の準備をします。釣り座は抽選です。この日は小人数だったので右舷に4名並び、私は2番だったのでミヨシ2番に座りました。

アマダイ釣りはコマセを使うスタイルと使わないスタイルがありますが、寿々木丸では前者で80号のビシを使います。コマセはオキアミで釣り座にはコマセと付けエサ、手拭用の手拭いが整然と置かれ、船宿の気配りが嬉しいです。

出船前に道具の準備をします。中型電動リールに道糸はPE4号、片テンビンにコマセカゴ。仕掛けはVARIVAS 船仕掛け「アマダイ」を使用。予備としてハードトップ船ハリス3号、Zeek ABL 真鯛8~9号で2本バリ仕掛けを用意しました。


定刻に船は港を離れました。前日からのウネリが大きく船は大きく揺れながらポイントを目指します。ポイントは鴨川シーワールド沖でウネリの影響で30分程かかりました。凪の日ならば20分程度でしょう。船長はポイントを選定し「水深は94mです。底から50cm程切って時々誘って下さい。」と投入合図を出しました。まずはVARIVAS スタンダード仕掛けを使用。オキアミが真っ直ぐになるように装餌します。

底を取って暫く待ち、50cmほど底を切ってアタリを待ちます。暫くするとミヨシの釣り人にアタリ。竿を曲げたのは本命の30cm級のアマダイ。


そして右隣の手巻きの釣り人にアタリがきて、大きく竿を曲げています。時々リールの巻く手を止めながら海面に顔を見せたのは48cmの大型アマダイです。


二人とも3mの仕掛けを使用していたので船長に聞くと、「ウネリの大きい時には短い仕掛けよりも、長い仕掛けは上下動が少なく良いですよ」の話で慌てて3mの仕掛けに変更。コマセカゴにオキアミを1/3ほど入れ、着底後コマセを少し振り出して50cm上げた途端に「ゴン」と強いアタリ。竿を立てるとハリ掛かりした魚が慌てたのか道糸を5m程引き出していきます。手巻きで対応し何回か道糸を引き出されましたが、弱ったのを確認し電動で巻き上げると水面には後検量1.8kgのマダイ。

私がマダイを釣り上げたと同時に大ドモの釣り人に本命が釣れ、アマダイの型を見ていないのはどうやら私だけ。暫くすると竿い上げた竿に「ククッ」とアタリがあり、少し待って竿を立てると本命らしき引き。30cmのアマダイを釣り上げこれで全員オデコ脱出。

大ドモではキロ級のオニカサゴが釣れ、船中でも500g級が釣れ上がりました。私には20cm弱が来てこれは「大きくなれと」放流しました。

船長も「このポイントはオニカサゴが多く混じるよ。今年はハナダイ・キダイが少ないけど、結構マダイが混じるのも魅力ですね」と話してくれます。潮もトロトロと流れていましたが、1時間程すると流れなくなりアタリも遠くなりました。船長はアタリが遠くなると潮回りをして、その度に30cm級のアマダイやカイワリ・カンコ・アヤメカサゴ・オニカサゴが顔を出しました。

9時半を過ぎると予想していた風が吹き出し大島沖で22m、白浜沖14mとアッと言う間に鴨川沖も白波が立ち始め、船長はポイントを小湊沖へ移動。しかしこのポイントではフグが邪魔をして予定より早い10時に竿を納めました。

船中の釣果は28~48cmのアマダイが2~3尾。オニカサゴは良い人でキロ級2尾混じりの5尾。私の釣果は28~30cmのアマダイが2尾。マダイ・カイワリ・カンコ・アヤメカサゴと、短時間での釣りも満足な釣果となりました。


良い日には2桁近い釣果もでて翌日には52cmの大型アマダイ、17日には50cmの大型アマダイの他に4kgの大型マダイも釣れています。鈴木船長も「この状況ならば2月下旬まで狙えそうですよ」と話してくれました。小湊沖のアマダイ釣り、数・型ともに期待十分です。

[当日のタックル]
竿  :Aグリップ サソイ H190
リール:シマノ フォースマスター 1000MK
道糸 :VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号 300m
仕掛け:VARIVAS 船仕掛け アマダイ(速潮対応・スタンダード)ハリ4号、ハリス3号
ハリス:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 3号
ハリ :zeek ABL 真鯛 8・9号
カゴ :サニービシL 80号
天秤 :船テンビンK型遊動 40cm
クッションゴム :Y社 厳選ゴムヨリトリ真鯛 1.75mm 50cm
その他:VARIVAS PEにシュッ!
    ドライアーマー コンビネーションウインターレインスーツ(VARS-07)
    VARIVAS フリース(VAAW-16)
    VARIVAS 千鳥柄ワークキャップ(VAC-44)
    VARIVAS キャップストラップ(VAAC-17)
    VARIVAS SEA STAGE ライフジャケット ポーチタイプ
    VARIVAS ストレッチフィットグローブ 5(VAG-08)
    VARIVAS ヒップガード(VAHG-02)

[船 宿]
外房 小湊港 寿々木丸
Tel. 04-7095-2647

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ