船 フィールドレポート

大阪湾タチウオ・・・須磨沖で本気喰いか???

10月末の小潮になって低迷していた大阪湾のタチウオ「湾タチ」の喰いが少しずつ立ち始めた。そんなニュースを受けて25日に出かけてやんちゃサイズながら28匹の釣果。そのことは前回にご報告済み。しかし、そのあくる日の26日、27日はメーター超え混じりに爆釣れ。一帯の船のトップ釣果が30匹以上。そんな様子をHPや仲間からのラインで知り、28日に再び須磨の純栄丸へ。河岸払いは6時30分。

この日は前日に喰いがたった須磨沖。水深70m。いつものように50号テンヤにイワシを括り、ラインは「アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE」の1.5号。リーダーは20号を2m。タチウオの歯は鋭いので細いリーダーだと触れただけで切られてしまう。

船が潮に乗って、釣り座は25日と同じ右舷ミヨシ2番。テンヤが底に着いて5mほど素早く巻き上げ。そのままリーリングしながらシャクリを入れて、なおも5mほど巻いたところでコツン。タチウオの小さな反応がでた。即アワセ。竿先がギュンッと入って、おっ、おっ、おっ。やんちゃサイズではなく90センチくらいのがあがってきた。

タナは60mライン。確信してほぼタナ決め。シャクリを入れて、リーリングに入ったときに、コツン。即アワセ。アワセきれないときは1mほど誘い上げ。釣り方は前回とほぼ同じ。違うのはサイズが一回り大きいということ。同じリズムで10匹ほど釣ったところで、コツン、コツンと連続して追いアタリ。執拗な追いはやんちゃサイズの特徴でもある。4~5回アタリが続いたけれど合わせられない。やはり小さいタチウオか。そして、ふっと反応が途切れた。エサを獲られたか相手が諦めたか。テンヤを少し揺らしてやると、コツンッと反応。まだ居た、、、、、、、、、。

上げたのは110センチ。ドラゴンではないけれど匹敵する嬉しさ。その後船が転進し、75mラインへ。しかし、アタリダナは60m前後。誤差は2m。竿先が微妙に浮いて、そのまま巻き上げているとわずかに抑え込まれた。手元には伝わらない竿先だけの変化。タチウオがテンヤに付いて上がってきているのだ。即合わせで、これも110センチ。そして、中盤から後半、やんちゃサイズも混じったけれどメータークラスも混じって、12時30分、船長の「これで終わりまぁす~~」のアナウンスと同時にドカンと激しい喰い上げアタリ。これも110センチ。爽快な竿終いとなって釣果は41匹。


須磨沖で「湾タチ」の本気喰いが始まったかも、です。

ページトップ