船 フィールドレポート

鳥取沖でジャンボアコウとヒラメの乱舞

9月4日、鳥取県酒津港の清洋丸で根魚&ヒラメ狙い。昨年も9月~10月に出てアコウの50cmクラス、ヒラメの90cm超えなど充分過ぎる釣果だった。釣り方はラン&ガン。ポイントの漁礁に船を留めて、仕掛けを降ろす。アタリが無ければ直ぐに次のポイントに移動。エサは港内で釣った小アジを使ってのノマセ釣り。

仕掛けは胴突き1本。捨てオモリ式でハリ間が1m。枝の長さが15cm。ラインは「アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE」の2号を200m。ハリスは「船ハリス」の10号。ハリはヒラメバリの18号。太仕掛けだが、万全を期しての釣り。

当日はいつにもなくエサの小アジが釣れず、倍の時間をかけてなんとか6名分のエサを確保。

しかし、まだサイズが小さくて6~7cmくらい。鼻掛けにしたアジを降ろしてもその負荷だけで死んでしまいそう。

船が外海に出て、30分ほどでポイントへ。

40号オモリがトンと底について仕掛けを2m切る。少し誘い上げたり、ゆっくり降ろしたり。船内1匹目は、トモの森岡さん。3mくらいの長竿を使っていたが、その竿先は海中に刺さりっぱなし。あがったのは40cm超えのマハタ。

次に右ミヨシの能丸さんに50cmくらいのヒラメ。

続けてボクにも同じサイズのヒラメが掛かり、いきなりの釣れっぷりに船内は大賑わい。ただこの船では、27cm未満のアコウは放流と決まっている。左ミヨシの山本さんにきたアコウが珍しく放流サイズ。釣れなくなるとすぐに移動。

根魚釣りは仕掛けを早く入れた者が有利なので、待ちかねた船長の合図でリールのクラッチをオフにする。底に付いたオモリを2m切って誘いをかけると、突然ゴツゴツと竿先が激しく揺れて45cmのアコウがボクに来た。


山本さんにも40cm超えのマハタ。

この日は今シーズンの清洋丸の根魚釣り初出。船長の意気込みと我々の期待がピタリと合ってラン&ガン、それぞれのポイントでの見切りの付け方、粘り方も良かったおかげか、船内でヒラメやアコウのダブルヒットが何度もあった。


飛びぬけた大物は出なかったけれど、ボクは28~45cmのアコウを9匹。50cmクラスのヒラメが2枚、他にはこの時期アコウより旨いと云われる50cmクラスのマハタなど。


全体では49cmまでのアコウが32匹。50cmクラスのヒラメが7枚。45~50cmのマハタが5匹。他にアイナメガシラなどの釣果だった。

この釣りはエサ次第。もう少し、せめて10cm超えのしっかりとした小アジならもっと釣果が伸びたはず。次回に期待して、帰路に就いたのでありました。

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ