船 フィールドレポート

タイラバ・・・スリリング連続で70cmゲット

8月24日、大阪府淡輪港を基地にしている白墨丸でタイラバ。狙いはもちろんマダイ。ポイントはマダイのメッカ和歌山県友ヶ島近辺。秋山船長の話では「このところ海がおとなし過ぎる。台風でも来て海をかき混ぜてくれたらね~~」と、少し弱気。

午前5時に港を出て、ポイントまで30分。「来てくれたらね~~」という台風10号が近海で停滞している影響で、少しウネリが出ている。この日は5名の乗合でボクは右舷ミヨシ。2番にやはりタイラバにのめりこんでる久保さん。デビュー戦で50cmクラスを3匹釣った強者。

船が潮に乗っていつものようにドテラ流し。ラインは「アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE」の0.8号を200m。リーダーは3号3m。少し深場を流すかも、ということでヘッドは90gの半遊動。赤のネクタイに黒のカーリーワーム。深場なのでコントラストを付けてみた。



果たして、船が2〜3回流し変えたとき、底取りしていた竿先がゴンゴン、ゴンと弾かれ、そのままリーリング。
船長が傍らでにこにこしながら「大きいですか、どうですか?」と聞いてくれる中、少しずつ浮いてくる魚。


船内1匹目の55cm。


「イケますね、今日は」「大丈夫、これからですよ」そんなことを話しているとトモでもヒット。軽々と巻いているけれど、船べり10mほど先でゴボゴボッっと泡が浮いた。デカイ証拠。船長が嬌声を上げながらタモで掬うと、なんと80cm。加太周辺ではビッグワンサイズ。



久保さんと「凄い、凄い、釣りたいな」などと興奮しながらリールを巻き巻き。底取りをして、2~3回巻いたとき竿先がツンッと弾かれて、ゴンッと突っ込んだ。ラインが一気に10mほど出ていく。実はその前に50cmくらいのサメを掛けていたので、「またサメやで、大きいサメや…」

でも、引きはマダイそのもの。ドラグが滑り、リールが巻けない。「少し締めるか? いや、危険やで」そんなスリリングな思いが頭をかすめて、少しずつドラグを締めて、でも、ラインが引き出されて、またドラグを少し締めて。その間に隣で釣っていた人にマダイがヒット。先に取り込んだけれど、その人とオマツリ。巻くのをやめて、ラインが緩んだらハリ外れのもとだったが、船長の素早い手さばきでなんとかトラブル解消。

再びリーリング。魚はまだ付いている。ようやく浮いてきて、ゴボゴボッと泡が出て、ゆらゆらとヒラを打ちながらマダイが見えてきた。無事タモに入って、70cm。




ヘッドやネクタイのセットは最初のまま。途中で替えようかと思ったけれど、そのまま通して正解。

やがて、終盤。「サドンデスに入ります」というアナウンス。この流しで誰かにヒットがあれば、次も船を流し、ヒットがなければ釣り終了というやりかた。これもスリリング。と、胴の間の人に、ヒット。次の流しが成立。船が風上に戻って、「少し漁礁寄りを流します」と船長。そこで、ボクにヒット。先の70cmに比べると物足りない引きだけれど、45cmをゲット。そして次の流しでは誰にもヒットなし。サドンデス終了となり竿終いとなった。

この日の釣果は45cm、55cm、70cmの3匹。なかでも70cmはタイラバでの自己記録。途中でヤバイ場面もあったけれどスリリングなタイラバでありました。


ページトップ