磯・堤防 フィールドレポート

山形県 堅苔沢でノッコミクロダイ狙い

5月に入り磯釣りもシーズン真っ只中! 東北地方でもクロダイの好釣果の話しもかなり聞こえてきました! 東北地方の一部早い地域では4月頃にはある程度安定したクロダイの釣果も出てきます。日を追う毎に釣れる地域も段々と広がり、遅い地域で5月から6月にかけて春のノッコミが始まっていきます。 そんな中、今回は早くからクロダイの好釣果の出る山形県、堅苔沢での釣行をレポートしたいと思います。

釣行日はGWの5月4日、この日は予報も良く沢山の磯釣りファンが港に集まりました。この頃の堅苔沢周辺では沖磯、地方寄りの磯共に釣果が出ていて、私は友人達と三人で地方にある『すべり』という磯へ上がりました。


沖には堅苔沢で有名な四ッ島が見えます。

船長さんの話しでは地方の方でもマダイがまわってきているとのことで、朝一のタックル選択に迷いましたが、マダイ狙いは友人に任せ私はクロダイ用のタックルで釣り始めることにしました。

今回のタックルは、ロッド0.6号にVARIVAS バーマックス磯 ゼロフカセ 1.5号、ハリスはVARIVAS バーマックス磯 ゼロハリス 1.5号、ハリはジークチヌ ゼロフカセ 4号を使用しました。釣り始めの状況は、潮が良い感じに流れていて少し波っ気もあり足元から出るサラシも悪くありません。

潮の具合からマダイの匂いがプンプンします(笑)。釣り開始から数投目でアタリがあり、あがってきたのは予想通りのマダイ(チャリコ)です。

その後はクロダイが食い始め、本命が釣れた安心感と朝一の大型マダイの恐怖?から解放され(笑)、マダイ狙いの友人には申し訳ありませんがほっと一息。クロダイ狙いに集中できます。この日の『すべり』は調子が良く終始クロダイが顔を見せてくれ、友人と三人で春のノッコミのクロダイを堪能することができました。





皆様もメジナ、クロダイ、マダイと春磯を存分に楽しんでください。

[使用タックル・アパレル]
ライン:バーマックス磯 ゼロフカセ 1.5号
ハリス:バーマックス磯 ゼロハリス 1.5号
ハリ: ジークチヌ ゼロフカセ 4号
その他:ドライアーマーライト コンビネーションフローティングベスト VAL-12 グレー
    ドライジップシャツ 長袖 VAZS-21 ブルー
    フィッシングパンツ VASS-05
    ストレッチフィットグローブ5 VAG-21 レッド
    トーナメントキャップ VAC-54 ホワイト
    キーパーバッカン VABA-43 ホワイト
    ハードバッカン VABA-44 ホワイト
    シャク立てホルダー VABA-48 ホワイト
    エサバッカン(L)VABA-52 ホワイト
    水くみバッカン(18cm)VABA-49 ホワイト

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ