磯・堤防 フィールドレポート

春よ来い! チヌよ来い!

4月某日、岡山県牛窓エリアに出撃。今回はフカセ釣り初心者の方お二人をお連れし、実釣講習を兼ねた釣行となりました。私も2人に何とか釣らせてあげたい…と意気込みます!!

ここ牛窓は岡山県に東側に位置し、「日本のエーゲ海」と呼ばれる素晴らしい景観のエリアです。またチヌの魚影も濃く各メーカーの全国大会等、大会も多数開催される有名エリアの一つです。

今回お世話になったのは「まこと渡船」さん。船長さんは的確かつ丁寧に色々とアドバイスをしていただけるので、非常に安心して釣りができます。多くの釣り人を乗せ、出航。

3人で降りられる磯に降ろしてしていただき、実釣開始。瀬戸内海は外海とは違い水温はまだまだ低い。4月とはいえ、魚の活性が気になる所…。今回のタックルは、道糸:VARIVAS バーマックス磯 ゼロフカセ 1.5号
、ハリス:VARIVAS バーマックス磯 ゼロハリス[フロロカーボン] 1.2~1.5号、
ハリ:ジークチヌ ゼロフカセ 各種
で挑みます。

序盤戦、沖の本流に引かれる潮で左右にふらふらと流れる潮でなかなか攻め手がなく、水温も低いのか帰ってくるオキアミも冷たくなりそのままの姿で帰ってくる…。同行者にも魚は釣れるぞ!と元気づけたいので…「何とかまずは1枚…」と奮闘します。

潮流が速い瀬戸内海では引かれ潮に乗せて、潮の壁を流していくやり方が有効な場合が多く…ちょうど目の前がその状況に。右に流れる潮に仕掛けを沈ませ、張りながら流していくとHIT!! しかしアタリからしてチヌではない?と顔を出したのは真っ赤な魚体に薄いブルーの模様をまとった真鯛! この時期の嬉しい外道!

この一匹が口火になり、その後チヌを追加。何とか釣れることを証明したところで、お二人の元へ。

仕掛けの確認、コマセを撒く場所、仕掛けの流し方…をレクチャーしながら見守ります。なかなか反応が無い状況が続いていましたが、潮の流れがでた時にうまく仕掛けを流せてHITに持ち込み貴重な1尾をGET。

あと一人! 場所を移動したり仕掛けを変えたり、いろいろと試行錯誤していただき、納竿までラスト15分…。潮も止まり、ワンドの駆け上がりの部分を狙うしかないと見越し、コマセを溜めて流していくと…ウキが吸い込まれ…HIT!! 奇跡のドラマ!と慎重にやり取りをされていましたが、食いが浅かったのかハリ外れとなってしまい…そのまま納竿。

何とか釣らせてあげたかったですが、少し悔いの残る釣行となってしまいました。また是非、チャレンジとリベンジを誓い納竿としました。これから瀬戸内海も「乗っ込みシーズン本番」で大型のチヌを狙うチャンス! 皆様も是非チャレンジしてみてください!


< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ