磯・堤防 フィールドレポート

モンスターハンティング コブダイフカセ釣り

こんにちは、フィールドテスターの知念です。2月7日、愛媛県松山市北条沖の鹿島にフカセ釣りでコブダイを狙いに行ってきました。ここ鹿島ですが、過去に17kgクラスのコブダイが釣り上げられたこともある凄い場所! でも今回私の目標は、取り敢えず10kgオーバー(^_^;)

さすが鹿島と言うだけあって定期船の屋根には鹿が乗ってます(笑)

瀬戸内海では時に海水温が一桁になることもあり、低水温に強いコブダイのフカセ釣りは、フカセ対象魚のチヌやグレの活性が低くなるこの寒の時期の楽しみの1つとなります。

釣り場である波止に着き、仕掛けを作る前にまずは撒き餌。半径15mくらいの範囲に撒き餌を撒き、コブダイを寄せておきます。

その後仕掛け作り。今回の仕掛けは磯竿4号にリールはジギング用の4500番、道糸PE 6号、ウキ 1号、ハリスにVARIVAS 大物ハリス 10号、ハリはジークグレ 尾長Ⅱ 7号(ブラウン)。


撒き餌はチヌ用で、刺餌はオキアミです。狙うポイントとしては波止際1m、棚は底から50cmの範囲を重点的に狙います。

仕掛けもできたので、いざ実釣。すると開始早々に40cmほどの可愛いサイズのコブダイをキャッチ。でも狙ってるのはあくまでも10kgオーバー!

暫く釣りを続けてると足下でいいサイズのコブダイが撒き餌に反応! 撒き餌のスロープの中に刺餌が来る様仕掛けを操作してその時を待つ…

集中…

集中…

集中…

何度目かの投入でウキが海中へ…糸フケを取り、竿尻を腹に当てて渾身のフッキング!

ガッツリアワセをくれてやってバトルスタート! すると相手は異変に気付き猛ダッシュ! かなりキツメに締めてあるドラグからラインを2mほど引き出して暴走! 相手が走る間はひたすら耐える!

二度の強烈な締め込みを耐え、1分弱の攻防の末、良型のコブダイをキャッチすることができました!!

サイズは74cm 7.7kgでした。

目標としてる10kgには遠く及びませんが、このサイズでも強烈な引きで、何よりチヌやグレにはないガチンコファイトができるのも、このコブダイ釣りの魅力ですね!

今回使用したVARIVAS 大物ハリスですが、耐久性に優れ、今回のような荒い根の上やテトラ際での攻防、ガチンコ勝負において釣り人が「安心して獲れる」ことをイメージできるラインだと実感しました。

それと、ジークグレ 尾長Ⅱですが、その刺さりの良さと、ガチンコファイトでもびくともしない強度は、10kg級のコブダイとも渡り合えるハリだと確信できました。

皆さんも是非波止のモンスターコブダイをフカセ釣りで狙ってみては如何でしょうか?

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ