磯・堤防 フィールドレポート

武者泊磯釣りレポート

今シーズン初の磯釣りに行ってきました。私の住んでいるエリアは、高知県。非常に恵まれた環境に住んでいる。足摺岬、柏島、沖ノ島、鵜来島。愛媛では武者泊、中泊と選択肢も多い。今回お邪魔したのは愛媛県武者泊、ほてい渡船さん。

夜20時ごろに市内を出発し、仮眠所に23時30分に到着。仲間と釣り談義をして床に就く。出船前に名前を呼ばれ、ジャンケンで優先順位を決める。残念ながら負けてしまった!(笑)これもこのエリアの醍醐味である!

磯付けをしていく。名礁ヤッカン、アブセ、ヒラバエ…と、次々にお客さんが渡礁していく。

私達はホンバエ付近のナガハエに降りた。ここもポテンシャルの高いA級磯だ! 青物やヒラスズキの魚影も濃いエリアで何が飛び出すかわからない⁉ いそいそとルアーを準備した。PEはアバニ キャスティングPE SMP 3号、リーダーはオーシャンレコードショックリーダー 40lb.。

トップウォーターに反応が無いのでミノーに交換してすぐに反応があり、青物のファイトを楽しんだ。メジロとヤズをゲット。ライトに遊ぶには十分過ぎる結果を手にしてニヤニヤ!

ふと見ると仲間が先にグレ釣りを始めていた。フィールドを噛みしめながら、ゆっくり仕掛けを作り始める。


道糸はトリビュート磯 フロートタイプ。私はラインメンディングのしやすいフロートタイプが好きで組み合わせにもよるが、ハリスと道糸の固さが違う時は、結束にサルカンを使用する方が強度が保たれるように感じている。

潮が走るため、ウキは00を選択 ハリスはハードトップ TiNICKS 2.5号を選択。

比重があるハリスで複雑な流れを攻略する狙いである。私のスタイルはハリスには出来る限りガンダマは打たない頑固な性格なので(笑)、糸の比重による選択肢が広がるのは有難い。

仕掛けを入れて本流を流し始めると、スプールより糸が弾け飛ぶ。

バチバチバチ!

いゃぁ~楽しいですね、顔を見せたのはイサキ、このまま数枚イサキを追加していく! そろそろグレの顔を見たいなぁー…ゆっくり沈んでいくウキが不自然に走った! すかさずあわせを入れる! うん? これは引きが違う、グレでしょう!

今シーズン初のグレを手にして、この季節が始まったなぁーとブルーの瞳を眺めた!

潮止まり寸前の緩い潮でもトリビュートが潮を掴んでゆく。本流狙いで40クラスのクチブトグレを追加した。まだ水温も高く餌取が強いイメージではあるがイサキ11枚、グレ2枚、青物2本という楽しい釣りになった! 年末には水温も下がり安定すれば好釣果になることだろう。

[タックルデータ(用品・ウェア)]
ドライアーマー コンビネーションレインスーツ VARS-08
ドライアーマーライト コンビネーション フローティングベスト VAL-12
ロゴバイザーニットキャップ VAC-57
ストレッチフィットグローブ 3 VAG-22
エサバッカン(L)VABA-52
水くみバッカン(21cm)VABA-50
ハードバッカン(40cm)VABA-44
キーパーバッカン VABA-43

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ