磯・堤防 フィールドレポート

喰わせて獲るゼロハリス(宇和島 沖磯)

11月発売のVARIVAS バーマックス磯 ゼロハリスを手に宇和島市の日振島に行きました。

この日の釣り場は横島の磯。地元の名手の方が同礁者でした。その方によるとここはあまり期待できないとのこと…。仕掛けは、棒ウキ 0号、道糸 トリビュート磯 フロートタイプ、ハリス ゼロハリス 1.5号、ハリはジークグレ 競技フカセ 6号、ハリス上部にオモリなしでスタート。

前半は、釣れても2人とも木っ端グレばかりでしたが、なんとか1尾30センチ程のグレをゲット。後半、磯を交代した40メートル沖に潮目ができている。そこで、遠投ができる円錐ウキ L 00にチェンジ。ハリスはゼロハリスを8メートルとります。

40メートル沖に遠投してゆっくりと仕掛けを沈めていき仕掛けが馴染むと…道糸が走りシマアジがヒット! 続いて2投目にイサキがヒット。美味しい魚の連発でうれしい限り。

そろそろ本命が来るか?と仕掛けを打ち返します。ウキを沈めて仕掛けに張りを入れて穂先でアタリをとっているとツンツンとアタリが。すかさず合わせを入れると重量感のある引き。これはグレだ! 慎重にタモ入れをしてあがってきたのは35cm級のグレ! よしこれからだ!思い大物よ来い!!と遠投を繰り返します。しかし、その後アタリがぱったり遠のいてしまいました。

さてどうするか、ここが工夫どころです。ゴム管にナビG7をセットして沈降速度を調整。仕掛けに張りを持たせてみることに。オモリG7を2段打ちして仕掛けを潮目に入れ、仕掛けが馴染んでもさらに深めに入れていき、少し強めの張りを入れ穂先に集中します。すると微かに小さなアタリが! 合わせを入れると竿が胴から曲がります。これを待ってました!と慎重にやりとり。途中で何度も強烈に竿を絞めこんできます。しかし手前にシモりがあるので、ゼロハリスを信じて強引に勝負をかけます。


無事タモ入れ成功! 45cmの口太。やりました!
 
その後、お迎えの渡船に乗り港に着くと渡船内では20名中6名ほどしか釣れていませんでした。この喰い渋りの中、釣れたのはゼロハリスのおかげです。しなやかさがあるので食い込みが良く、扱いやすく、根ズレに強く結束強度もある。そして水中での光の反射も少ないとのこと。だからこそ喰わせることができた、そして取り込めた1枚だと確信しました! まさに喰わせて獲るハリスです!
 
 
釣った魚は美味しくいただきました。 


【グレの炙りサラダ】ドレッシングで食べるとサッパリして旨い!


【グレのキウイ酢】キウイの酸味と風味がグレに良く合っていけます。


【イサキとシマアジの刺身】ねっとりと熟成して美味しいです。
 

日振島は、これからが寒グレシーズンの開幕なので、徐々に上向いて釣れ始めるでしょう! 
これからの寒グレシーズンに『喰わせて獲る ゼロハリス』を是非お持ちください!
皆様の強い見方になりますよ!

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ