磯・堤防 フィールドレポート

バーマックス磯 ゼロハリス 実釣テスト in 牛窓

11月1日より発売開始となりました「バーマックス磯 ゼロハリス
今回は岡山県牛窓のチヌ釣りでその実力をテストしてみました!

11月某日。
私が主催しております「第五回瀬戸内チヌチャンピオンシップ」を牛窓・日生エリアで開催。
大会運営を行いながら、空き時間で磯にあげていただき実釣してみようと考えていました。

牛窓・日生エリアはこの時期は端境期ということもあり厳しい状況も予測されていましたが…
果たして釣果は…

選手の皆さんを降ろし、上げていただいた場所は「上筏灯台」というポイント。

その名の通り、グリーンの特徴的な灯台の足場の良い場所です。
全体的に浅く、流せるエリアは限られていますがチヌをはじめ真鯛も大型が出るポイントで期待も高まります。

今回のタックルは・・・
ライン:VARIVAS バーマックス磯 ゼロフカセ 1.5号
ハリス:VARIVAS バーマックス磯 ゼロハリス 1.2~1.5号
ハリ:ジークチヌ ゼロフカセ 各種
で挑みます。

いざ、実釣開始。

私も初めての場所で、同礁した釣友にポイントや攻め方を聞きながら探っていきます。
深さがない場所なので、まずは2~2.5ヒロのタナを中心に探っていきます。
釣友はなんと1投目で本命のチヌ! 流石・・・
私も期待を膨らましポイントにコマセを寄せます。

開始から20分ほどで少しシモっていたウキが勢いよく海中に・・・
大きく合わせると~まずまずの重量感。本命の予感。。

じっくりと引きを味わいながら~顔を見せたのは本命のチヌ。

型は大きくはないですが、銀ピカのチヌ。嬉しい一尾です。
その後も数匹追加。充分に堪能し納竿といたしました。

そして今回、使用したバーマックス磯 ゼロハリス

ひとことで言うと「しなやか」。しなやかでもコシがないという訳ではなく、直線性もありながらしなやかさがあります。勿論、直線強度や結束強度も強く、今回のようにシモリが荒いシーンで何回か根ずれしましたが、ラインへのダメージがありながらも魚とのやり取りには安心感があり「強さ」も感じました。

これから磯シーズン本番ですが、是非皆様もバーマックスシリーズをベストに忍ばせ大物にチャレンジしてみてください!

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ