磯・堤防 フィールドレポート

☆秋磯を満喫☆

みなさん、こんにちは。三重県紀東の磯で日々修行中の黒瀬義人(TEAM凪)です。今回は、秋磯シーズンが開幕と言うことで、9月16日僕が通う三重県南伊勢町贄浦(にえうら)の磯へ行ってきました。今回の釣行は、秋磯を楽しむのはもちろん、VARIVASからこの秋に発売された新製品デビューの日でもあります。

ピカピカな新製品…これだけでテンションあがりますよね〜。

当日は、天気は良いものの波があり、希望した沖磯には行けなかったので、湾内磯での釣りとなりました。湾内磯でも足元はバシャバシャです。

まずはエサの準備をします。新製品もこんな感じ。


次に、はやる気持ちを抑えながら仕掛けを準備します。道糸とハリスは、もちろん信頼のおけるバーマックス磯 フロートタイプハードトップ TiNICKSです。

仕掛けも準備が出来、いざ実釣開始です。撒き餌を巻いて仕掛けを投入。最初に釣れてきたのは木っ端グレ。この時期は、魚の活性が高くウキが気持ちよく入るので、それだけでも楽しくなりますよね。足元では、撒き餌に群がっている小魚を青物が追っています。これも、秋磯ならではの風景ですよね。木っ端グレに続いて釣れてきたのが、シアマジです。

こちらも秋磯の魚でお持ち帰りすれば、喜ばれるお土産です。お刺身はもちろん、塩焼きやなめろうなどなど、美味しく頂けますよね。

その後も、カワハギやツバスなど秋磯彩る魚が釣れて、楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。美味しいお土産はゲット出来ましたし、後は本命の40cmオーバーのグレを釣るだけです。

お昼を過ぎたところで、グレのサイズが徐々に上がり夕マズメを迎えます。足元から出るサラシの切れ目で、ウキがゆっくり沈み、やがて加速して海中に消えて行きます。しっかりアワセを入れて、やり取りを開始。竿に伝わる引きと重量感から今までにない獲物と確信します。磯際は、ハエ根が多いのでラインを出すわけには行きません。ハードトップTiNICKSを信頼し、獲物の強烈な走りを止めにかかります。最初の走りを無事に止める事ができ、反撃開始です。根に触れぬよう竿を使って誘導し、徐々に浮かせてきます。途中何度も抵抗をみせましたが、ラインを信頼して獲物の体力を奪います。やがて海面に姿を現したのは、青く光る大きなグレでした。タモ入れも無事に成功して、釣り上げた獲物は48cmの口太グレでした。

どうですが、ゴールドに光るVARIVASのエンブレム、かっこいいですよね!

大本命の登場に1日の疲れも吹き飛び、感無量のまま納竿となりました。

当日の釣果はこんな感じです。


秋磯を満喫して、1日楽しい釣りとなりました。釣りは楽しく…これが釣りの原点だと思います。また、次回楽しい報告が出来るよう頑張ります。

[当日のタックル]
道糸 :バーマックス磯 フロートタイプ 2号
ハリス:ハードトップ TiNICKS 2~2.5号
ハリ :GRAN ジークグレ のませ4~6号
オモリ:スーパーエコオモリ
キーパーバッカン:VABA-43
ハードバッカン:VABA-44(40cm)
セパレートバッカン:VABA-47
シャク立てホルダー:VABA-48
水くみバッカン:VABA-50(21cm)
エサバッカン:VABA-52(L)

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ