磯・堤防 フィールドレポート

三重県尾鷲 解禁磯をレポート

磯釣りとVARIVASをこよなく愛する皆様、こんにちは! 磯テスターの「トン」こと東弘幸です(^_^) 今回は尾鷲の解禁磯をレポートしちゃいますよ~っ☆ この時期、解禁になる須賀利エリアは潮通しが良く、尾長グレも狙える一級エリア。船長のオススメでドマクラへ渡礁しました♪


さて仕掛けですが、私は三重でオーソドックスな半遊動をメインとして組み立てています。あ、そうそう。「磯釣りのラインって種類が沢山あるけど、どれを使うのが良いの?」ってよく聞かれます。僕なりのラインのチョイスについて少し書いちゃいましょうか♪

半遊動仕掛けではライン操作を頻繁に行うため、道糸はフロートラインが好み。ちなみにこの日はバーマックス磯 フロートタイプ(VEP)の2号をチョイス♪ 意外とこのラインのホワイトって視認性が良くてヤミツキになります。

強さ・視認性・操作性を兼ね揃えたラインとしてはバーマックス磯 VLS フロートタイプもオススメ。ピンクカラーでこちらも視認性抜群!

競技会などで操作性、視認性を重視したい方はトリビュート磯 フロートタイプをオススメ致します。

道糸に求める仕事として、ラインメンディングを頻繁にしたいアングラーさんはフロートラインがオススメ。半遊動沈めにも対応して、フローティングしてくれているライン部でアタリが明確に分かります。

また、軽い仕掛けなどで潮にかませていく釣り(ゼロ釣法や全遊動)をされるアングラーさんは、セミサスペンド系をチョイスするとベストです♪ イメージとしては竿先~道糸~ウキ~ハリス~サシエまでがナナメに一直線になっている感じですね! サスペンドラインの中でもバーマックス磯 ゼロフカセ(VA-G)は潮乗りも良く強さも抜群で僕も好きなラインです。

視認性を重視したい方はトリビュート磯 サスペンドタイプがオススメですね。狙う棚が深いって時、潮の中を釣っていくようなエリアではこれらをチョイスされると良いかと思います♪

道糸のチョイスについて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか☆ 選択の幅があるからこそ悩む。嬉しい悩みですね(笑) ハリスはハードトップ TiNICKSがオススメです。合言葉は「ティーアイニーックス!」ですよ☆(フィッシングショー大阪のトークショーネタです♪)

ドマクラの実釣に戻ります(^_^) 撒き餌を打ち始めてから10分で答えが返ってきました。

いきなりの40cmオーバー!

状況が分からぬまま組んだ仕掛けでしたが、これでミドルサイズをぽつぽつと追加。

次第に潮が速くなり、状況が変化し始めるとグレの活性がアゲアゲに! 潮下で竿を出している友人には40cmオーバーの尾長グレも!

状況がこうなれば軽い仕掛けの方がメリットが多いので仕掛けを変更し、僕も連発モードに突入したのでした。

お昼の12時には満足して竿をたたみ、磯を綺麗に掃除して13時の迎えを待ちました☆ 30cm以下をリリースしてもこの釣果。

当日の詳細は6月25日発売の東海釣りガイド誌にてお楽しみいただけますのでこちらも宜しくお願い致します♪

[渡 船]
大ちゃん渡船
Tel.090-7023-0553

[エ サ]
つりエサ市場尾鷲店
Tel.0597-23-1089

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ