磯・堤防 フィールドレポート

三重県 引本港出船・寺島磯の尾長グレ狙い

三重県紀東磯は2月に入ってからも水温が15℃台を推移しているが、寒グレらしい雰囲気がない。しかし水温が高いと言う事は、潮が良ければ尾長グレ狙いが出来るかもしれないと情報収集。釣友から数カ所ピックアップ。その中でも良型の確率が高い三重県 海山町引本港出船の寺島磯を選択。2月22日、広福丸渡船に釣友の北崎氏とお世話になった。

6時前に出船。当日は凪で何処にでも渡礁可能。船長はいつも丁寧に最近の各磯のグレの状況を教えてくれ的確なアドバイスをしてくれる。私達は、船長の勧めで水道に渡礁。水道のポイントはある程度把握している。両潮の流れで尾長グレはヒットして来るが、沖の寺島を向いて右側(沖側)に流れればタナは比較的深く、左側(地方側)に流れればタナは浅い。左に流れるのが本命潮で数釣りが楽しめる事が多い。

道糸はセミサスペンド設計により風の抵抗も軽減され軽い仕掛けでもあらゆる層を攻めきる事が出来、視認性抜群のバーマックス磯 ゼロフカセ。ハリスは高性能フロロカーボンにチタン樹脂コートを施すことで結節強度、耐久性、耐摩擦性がアップで信頼出来るハードトップ TiNICKS。ハリはハリ先はきっちり口に掛けるためのネムリ系で吸い込みやすい形状と太軸設計、ハリ先をロングテーパーにする事で尾長グレの口を深く貫通、バレにくいジークグレ 尾長Ⅱ 2号。食い渋り時には私が大好きなジークグレ 競技スレ 6~7号を使用。

7時前釣り開始。北崎氏は船着き右側で私は左側でスタート。


左右の潮流によってタナは倍以上違うポイントに瞬時に対応可能なカン付きウキをチョイス。潮はゆっくりだが右側に流れ2人で観音周りで狙う。サシエは取られたり残ったり。右側に流れている潮が8時頃、船着きから20m右側中央で若干ヨレが出来ているのでB浮力でウキ止めを5ヒロに設定し、馴染めばゆっくり沈んで行くように調整している。ウキが見えるか見えないかの時にウキが加速した。きき合わせると上手くフッキング。重量感があり良型と確信するも、少し竿を叩く感じなため二ザダイかと思えたが、海面を割ったのはなんと良型の尾長グレ。しかし良く見ると口の皮一枚に掛かっている。運良く一発でタモに収まったのは44cmの茶色の尾長グレ(タモに納まったと同時にハリが外れた)。

直ぐに北崎氏に同じポイントを狙うように進めるも、0号のウキでは馴染み切らない様子。私はタナを半ヒロ深くして流して行くと、ウキが綺麗に消し込まれた。これまたなかなかの重量感と思えたが残念ながらチモト切れ。その後、潮は若干右側の高場向きに流れだしアタリが無くなった。9時44分の満潮の潮止まり後、若干だが左側に流れる感じに変わる。ウキを00号に変更して本命流れになるのを願う。サシエは残ったり取られたり。

潮は上潮だけが左側に滑っている感じだが、少しでも底潮に変化が有れば期待は持てそうだ。10時30分頃、沈めていたウキが見えなくなり、少し放置状態にしていると穂先にアタリがあり32cmの尾長グレをキャッチ。良い潮とは言えないが2人で同じ仕掛け同じやり方で狙って行くと、私にまたもやアタリがあり41cmの尾長グレ。30分後、ついに北崎氏にも待望のアタリ。良型のようで慎重にやり取りする。無事タモに収まったのは42cmの良く肥えた尾長グレに大満足だ。その後も休憩をとることなく、ワンチャンスを狙って行く。なかなか本命の潮が流れなく苦戦するも、「そもそも仕掛けを入れていなければヒットしない」ため粘る。想いが通じたのか私に38cmの尾長グレがヒット。その後は潮流も変化なく納竿の時間となった。


今回の釣行は良くもなく悪くもなくと思える状況だったが、仕掛けは一回でも多く投入し、無駄な流し方をしない、ウキの交換が瞬時出来たことが釣果に結びついたように思えた。今後の見通しだが口太グレも何らかの潮流に変化が有れば産卵前に期待できそうだ。尾長グレは水温の上昇と共に更に面白くなっていくと思える。

[渡船]
広福丸渡船
Tel. 090-8731-3062

[エサ]
つりエサ市場本店
Tel. 0598-74-1091

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ