磯・堤防 フィールドレポート

芸予諸島寒チヌ釣り

年末年始の行事が終わり、釣りに行くぞ!と思いきや寒波のため気温が下がり風が吹き荒れお預けを食っていましたが、いよいよ環境が整ったので、いよいよ初釣りへ!

地元の大崎上島地磯 木江の弓張り岩 隣パーキングスペースは、すぐ下が磯になっており気軽に釣りをできる魅力的なポイント。下の磯は脚立がないと下りられないので、今回は手前の堤防越しに釣りをすることにします。小雨がちらつく中10時20分にプレイボール。海を見るともうすでにいい潮の流れになっています。

仕掛けは0ウキにオモリG7を3段打ち、ハリはジークチヌゼロフカセ 3号。そしてハリスは今話題のチタンコーティングがしてあるハードトップ TiNICKS(ティーアイニックス)ハリス。今回の目的はこのハリスで喰い渋る寒チヌを攻略できるかどうかです。今日は0.8号で試してみます。手に持つと滑らかでいい感じ。ワクワクします。

まずは沖目に遠投してから40メートル付近まで流し込んでいきます。撒き餌が溜まるポイントを狙うといい感じに仕掛けがなじみますが、1時間経ってもあたりが出ません。

沖は反応がないので足元のかけ上がりを狙って見ると…3投目でカワハギがヒット。とりあえずおいしい魚はキープ。

次の1投もでヒットしましたが、重量感を感じながらゆっくり寄せたところでハリはずれ。あわせが早すぎたみたいです。残念。でもこれからが勝負と自分に言い聞かせ釣り続けるも、うーん、潮がかなり速くなってきている感じ。思ったより早く下げ潮が始まったので、どこかにヨレはないかとポイントを探すと50メートル程離れたところにいい感じの引かれ潮を発見。

すぐに移動して撒きエサ打ち。そして5投目に40cmのチヌが! よし行けるぞ!

その後しばらくすると潮が少し沖に流れはじめ、そして棒ウキがゆっくりと沈んで行き道糸スッと走る。アワセを入れると沖へ走り出す。これは良型だ!

0.8号なので慎重にやりとりする。何度か道糸を出しながら、魚を怒らせないようにゆっくり距離を詰めていく。手前に来たところで次は横へ走り出す。隣の磯まで行ったところで無事取り込みに成功! 47cmの良型でした!
 

ハリを飲まれていましたが、ハリスへのダメージはまったくなかったので切らずにそのまま続行。今が時合と、すぐに仕掛けを打ち返すとすぐにヒット!またしても強烈なひき。沖に走られドラグが鳴らして道糸が出ます。これも良型です! 今度はハリスの強度を試すため、強めに止めにかかり引き寄せます。通常の0.8号なら魚が走るのを止めた時点で切れる位のテンションをかけましたが切れません。何度も竿をしめこんできましたが、シモリを縫いながら49cmの鯛が上がってきました。

その後雨が強くなってきたのでラスト1投と決め、集中して仕掛けを少し沖目に投げてみると…仕掛けがなじむと同時にウキがゆっくり沈んでいき、最後の1投でチヌを追加! 嬉しい1匹となりました。

14時30分終了。4時間程の釣りでしたが楽しい初釣りとなりました!

ハリスのTiNICKSは噂通りの凄いハリスでした。食い渋る寒チヌを違和感なく喰わせる細ハリス。また新たなる武器ができました! 


[タックルデータ]
竿:  1.2号
リール:3000番
道糸: VARIVAS トリビュート磯[フロートタイプ]1.5号
ウキ: 0号
ハリス VARIVAS ハードトップ TiNICKS(ティーアイニックス)ハリス 0.8号
ハリ: GRAN ジークチヌ ゼロフカセ 3号

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ