磯・堤防 フィールドレポート

島根県隠岐島 知夫里島でグレ狙い

水温も18℃台になり、知夫里島もそろそろグレ釣りシーズンに突入していると思い釣行してみた。この日は、前日の西風強風の煽りで、かなりのウネリが発生。なんとか立ヶ崎の南に渡礁し、9時30分ごろから釣りを開始した。ウネリがかなり上がってくるため、釣り座は限られる。ここは、遠投でのヒットが多いが、足元から釣りはじめることにした。しかし、足元には無数のコッパグレが沸いていたため、すぐに作戦変更。大きいサラシができるため、ボイルのみをサラシに撒き、仕掛けはやや遠投してみた。道糸は、VARIVAS トリビュート磯 サスペンドタイプ 2号だが、水切れがいいため操作性抜群だ。サラシが横から道糸を持っていくが、この糸なら大丈夫。数投は反応がなかったが、次第に30cmクラスのグレが釣れはじめた。ここで、遠投しているエリアにも集魚剤入りのマキエサを直接入れて、仕掛けと合わしてみると、35cmクラスがパラパラ釣れた。そして、ひときわ重量感がある魚がヒット。43cmの尾長だったがVARIVAS ハードトップTiNICKS(ティーアイニックス)2号で難なく取り込めた。

しかし、これも長くは続かず、次第にエサ取りがきつくなりはじめた。沖にはフグ、手前はコッパグレとかなり厳しい。潮も次第になくなった。ウネリも角度を変えて、かなり釣りにくい状況になってきた。遠投したウキは、見えづらく、繊細な釣りはできない。道糸にもウキにも反応がない状態で、ヒットしたのはリールが巻けないほどの魚。しばらく、竿で溜めたがフッと軽くなった。チモト切れ。多分、大型の尾長だろう。残念。ここでは、これで終了し、夜釣りの磯に変わった。次のポイントとなる「大波伽の打ち上げ」へ移動。

夕マズメだったので、すぐに40cmクラスが連続で釣れてくる。35cmクラスも混ざりながら陽が落ちるまでに3枚の40cmオーバーを追加。さらに夜釣りでも、ぽつぽつ釣れたが、0時で就寝。夜釣りにおいてもVARIVAS ハードトップTiNICKS(ティーアイニックス)2.5号を使用していたが、瀬ズレに強いため、見えない瀬に多少擦っても、47cmまでをコンスタントに取り込めた。ハードトップTiNICKSは信頼の置けるハリスだと感じた。

朝マズメは、1投目から40cmオーバーがヒット。しかし、その後は、30cm半ばまでは釣れるものの、40cmオーバーは釣れずそのまま納竿。今回の釣行は、昼釣り・夜釣り合せて40cmオーバーを2桁釣ることができ、充分満足のいく釣行となった。まだ日中はエサ取りが多いものの、根気強く狙えば良型の尾長が喰ってくるので、皆さんもどんどん知夫里に通っていただきたい。

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ