磯・堤防 フィールドレポート

沖縄遠征 カーエー釣りにチャレンジ!

ども♪ テスター東ですっ (^○^) 秋めいた季節になってきましたねっ!今回は自身初となる沖縄遠征! 自身初となる釣り、自身初となるターゲットを求めて行って参りましたのでレポートさせていただきますよ~♪

沖縄の旅をフルサポートいただいたのは、ロックバンド モンゴル800のドラマー 高里悟さん。全国を駆け巡りながら各メディアで活躍し、全国大会優勝など、実績も抜群の凄腕アングラーです。

まずは沖縄といえばカーエー! ずっと前から憧れていたカーエーにナイトチャレンジです。地元の常連さんが10号ハリスを使っている中、僕らは新製品VARIVAS ハードトップ TiNICKSの6号で挑戦。このハリスはチタンコートを纏っていて、耐摩耗性に優れているんです。リーフにラインを擦り付けるカーエーには最適なハリスといえるでしょう。

カーエーと聞いて、あまりピンとこない方もいらっしゃるかと思います。沖縄にしかいない魚なのですが、尾長グレと並ぶその暴力的なパワー、カワハギのようにアタリがでないその繊細さ、食味の良さなどから人気のターゲットになっているんです。

高里さんのオススメポイント、宜野湾へ移動して…さぁスタート!


開始1時間はまったくアタリもわからず、右往左往していましたが…2時間ほどやっていると、だんだんコツを掴んできて、ようやく掛けることに成功! 先手を取って強引に浮かせ、高里さんのサポートでキャッチ!


その2時間後、また好機が訪れてヒット! 掛けた瞬間、根掛かりのような重量感とともに暴力的な引きがやってきます。「ヤバいぞ! 絶対に気持ちで負けるな!」 これも先手必勝で強引なファイト! テトラに少し当たっていたもののなんなくキャッチすることができました。

ハリスを見るとキズが…(>_<) それでも切れることなく、抜き上げることができましたからね~。強いです! TiNICKS。

この日は某取材だったのですが、初めて沖縄へきてカーエーには出会える人は数少ないとカメラマンさん談。釣るのに何年もかかる人だっているそうで、初沖縄・初カーエーチャレンジは大成功に終わったのでした♪ サイズも納得の43.3cm&41.5cm!

「カーエー食べたいでしょ?」と、高里さんの行きつけの割烹料理屋さんに持ち込んで、カーエーのフルコース。


臭みがなく、味わい深いカーエーを満喫して大満足♪





この旅は慶良間列島での磯釣りに続くのですが、そのお話はまたの機会に♪ (^_-)

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ