磯・堤防 フィールドレポート

三重県 尾鷲磯の尾長グレ狙い

三重県 尾鷲磯の寺島が8月には水温28℃以上を推移していたが、9月に入り26℃台まで下がり尾長グレの気配がでてきたと情報を入手。台風のウネリが落ち着いたとのことで、釣友の北崎氏といつもお世話になる大ちゃん渡船に。途中、尾鷲北インター下車し、左側のつりエサ市場 尾鷲店でエサを購入。

8時出船で18時までの通し釣り。丘寺の水道低場に渡礁。


事前情報より、マキエ、サシエ、タックルもほぼ例年のパターンでいけると思い準備に取り掛かる。

道糸は水道筋の複雑な流れにも対応しやすく、視認性も良くてラインでもアタリを取りやすいVARIVAS トリビュート磯 サスペンドタイプ 2.5号。ハリスは絶対の信頼があるVARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 2~3号。ハリは尾長グレの口にきっちり掛けられるネムリ系のジークグレ 尾長Ⅱ ピンク 2~4号。また、食い渋り時はジークグレ 競技フカセ 6~8号を選択。

私は船着き場に、北崎氏は左側で9時前に釣りスタート。水道低場は左右どちらに流れても当たってくるが、比較的左に流れる方が数釣りができるように思う。


潮は左にゆっくり流れている感じ。私に1投目から30cmの口太グレがヒットし、さらに数投後に25cmほどの尾長グレを2匹追加。その後、サシエが残りだし、深く入れるとお決まりの良型二ザダイが2人にヒット。潮がゆっくりではあるが左側に流れだした。北崎氏に30cmの尾長グレがヒット。私にも35cmの尾長グレがヒット。北崎氏には良型がヒットしたが、一瞬の出来事のように瀬ズレでバラシ。私にも良型のイサキがヒットし「今日はそこそこ期待ができそうだ」と2人でほくそ笑む。サシエが取られることはあるが、エサトリはほとんど気にならない。11時の潮止まりまで潮は左右にフラフラと流れているようだが、30cm以下のリリースサイズの尾長グレ、口太グレがぽつぽつヒット。上げ潮に変わり状況は悪くない感じだ。2人ともフカセタックルでは太刀打ちできないモンスターを数回バラシ。潮が左に流れだすと北崎氏が37cm、40cmの尾長グレを連続ヒット。私も37cmまでのミドル級尾長グレを数匹取り込んだが、チモト切れの良型本命らしいバラシも数回。気配がでてきているがイマイチパターンをつかめない。

16時北崎氏が42cmの尾長グレを追加。私も直ぐに40cmオーバーの尾長グレを掛けるも、タモ入れ時に痛恨のハリはずれ。「今日は運がない」とつぶやく私。天気予報通り雨も降ってきて、さらに最高のシチュエーションとなってきた。16時半、潮は左方向にかなりゆっくり流れている。仕掛けが綺麗に入っていくところに馴染ませると竿先に小さなアタリ。聞きアワセると上手くフッキング。タモアミに納まったのは40cmジャストの尾長グレ。

すぐに同ポイントへ仕掛けを投入。仕掛けが少し立ちすぎたかと思ったら、今度は竿先を引っ手繰るアタリでチモトからラインブレイク。北崎氏も「良い感じに馴染んだ」と言ったと同時にヒット。なかなかの良型のようでやり取りを楽しんでいる。海面を割ったのは当日最長寸の45cmの尾長グレ。北崎氏は40cmオーバー3枚でご満悦。私も18時の納竿いっぱいまで頑張ったが、良型はヒットしなかった。

今回の釣行では2人とも3ヒロ以内のヒットが多かった。やはり尾長グレ狙いは、バラシて後悔をしないようなタックルで挑んだ方が良いと思う。


[問い合せ]
渡船:大ちゃん渡船 Tel. 090-7023-0553
エサ:つりエサ市場 尾鷲店 Tel. 0597-23-1089

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ