磯・堤防 フィールドレポート

ヘチ釣りでランカーサイズの黒鯛!

盛夏の風物詩であるヘチ釣りに行ってきました。

この日は伊豆半島でのロックフィッシュゲームを予定していましたが、
遠方に発生した台風の影響で、うねりが高い予報だったため、無理は禁物と予定を変更。清水港の内海でヘチ釣りを楽しむことにしました。日中は日差しが厳しく、チヌの警戒心も高め。夕方の時間帯に狙いを絞り、16時頃からゲームをスタートしました。

まずは川筋のポイントから狙っていきます。エサはイガイのダンゴ。フックはジーク ABLチヌ NSブラックの3号をセレクトしました。一時間程攻めてみますが、一回アタリがあったのみで反応はイマイチ。そこでさらに湾奥の濁りの入ったポイントに移動してみました。

浅場のポイントに到着すると、良い感じの濁り具合。期待できそうです。海底には牡蠣殻や石が混じるポイントなので、ラインは太目を選択。黒鯛スペシャル チヌ落とし込みPEの2号に、ハリスとしてアバニ エギング プレミアムショックリーダーの2.5号をセットしました。浅場攻略で、濁りが入った好条件ではハリスの長さに釣るためのキモがあります。60センチ前後とあえて短めにすることで、仕掛けが馴染んだ直後のアタリを拾いやすくなり、釣果を伸ばすことができます。逆に澄潮のコンディションでは1ヒロ弱の長さにして、太さもワンランク落として2号にすると、食いが良くなるのでオススメです。



徐々に日が暮れていく中、40センチくらいの魚を掛けましたが、浮かせたところで惜しくもハリ外れ。若干アタリが浅いと感じたので、エサをフジツボに変更してさらに攻めていくと、日没寸前に落とし込みPEが「ピン!」と跳ねる良いアタリ♪ アワセも決まり、ロッドが満月にしなります。

底にへばりついたようになかなか浮いてこない大型特有の引きだったので、慎重にファイトしランディング成功。50センチを超える、いわゆる「歳無し」と呼ばれる大型のチヌを釣ることができました。

大満足でこの日の釣行は終了。
また釣行したいと思います。

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ