磯・堤防 フィールドレポート

山口県 山東杯レポート

こんにちは。バリバスフィールドモニター梅田洋樹です。今回は、私の地元山口県で開催されました、山東杯に参加しましたのでレポートいたします。

この大会は、釣り好きだった方を追悼するために行われる大会。50名以上の方が参加されていたようで、中には女性の方もいらっしゃいました。もちろん順位はつきますがメーカー大会のような厳格ルールはありません。懇親も目的に含まれていますので、みんなが釣り、みんなが楽しむ大会です。今回で既に10回以上開催されており、たくさんの方々が参加されました。

フィールドは沖磯と一文字が選択でき、順位を狙うなら磯です。そして、一文字の方から出船。

一般の釣り愛好者から腕が立つ各メーカーのテスターまで参加しているため、一緒に釣りをしながら勉強にもなる大会です。

1番の目的は、とにかく楽しむこと(笑)っということなので、私はたくさんの方とお話しをして楽しむことにしました! 場所も多くの方と話すチャンスがある一文字を選択。多くの方とお話しをさせていただき、可能な方にはバリバスのハリスやハリも使用してもらいました。

みなさん、続々と竿を曲げられます。

私もチヌやグレを釣ることができました。


使用したハリスはVARIVAS ハードトップ、ハリはジークグレ 競技フカセです。ハリスはしなやかで馴染みが良く、ハリもアウトバーブ採用で貫通力が高いです。

参加された方には、実際にバリバス商品を使用していただきましたが、大好評でした。

無事に大会も終了し検量・閉会式へ。凄い数のチヌが釣れていました。サイズも良型ぞろいです。

さすがに磯に上がった方には勝てませんでしたが、グレの部では一文字内で1位、全体で4位に入賞することができました。

また、今回はバリバス賞を用意させていただき、2名の方にお渡しすることができました。


嬉しいことに余ったステッカーなども欲しいという方も多く、用意したものすべてをお渡しすることができました。

1日を通して釣りの素晴らしさを改めて知ることができ、その中でバリバスの商品も好評いただけたことは嬉しい限りです。これからも、このようなイベントに参加して、バリバスブランドを体感してもらえたらと思っています。

暑い時期がやってきます。みなさんも熱中症には十分に注意して釣行するようにしましょう!

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ