磯・堤防 フィールドレポート

夏でも磯釣り~!

6月になり若狭湾周辺はすっかりアユモードといったところだが、磯師にとってはまだまだシーズン途中。24日もいつものように、バリバスファンの山田さんとともに、舞鶴田井の山田渡船でこの時期としては貴重な30cmUPのグレを求めて釣行した。


最初の磯、毛島のローデのカベに10時半に渡礁。さっそく仕掛けを投入するが、サシエサは残ってこない。予想通りエサ取りは多そうだ。仕掛けを打ち返してグレの活性が上がるのを待ったが、状況は一向に変わらない。


30m先まで遠投したサシエサをサバが狙ってくる。これにはちょっとお手上げだ。

14時の見廻り船で磯替えしてもらうことに。船長に、お勧めの磯をアドバイスしてもらい、渡礁したのは馬立島の6番。ここ最近、30cmクラスが釣れるとのことだ。ここは毛島よりも湾内にある島。沖の潮通しが良い毛島の先端方面の方が人気は高いが、馬立島は良型のグレが釣れる穴場的存在。私も過去に40cmUPを手にしたことがある。ここに渡礁するのは久しぶりだ。5~6年ぶりだろうか。

さっそく仕掛けをセット。足元にコマセを撒くとオセンが反応するが、数も少なくサバもいない。仕切り直しの第1投を10m先へ投入。仕掛けの状態を見ながら潮の状態を確認していると、ウキが躊躇せずスーっと海中へ。「まさか!?」と半信半疑でアワセると強い引きで底へ逃げようとする。愛用の竿と絶対的信頼のバリバスラインで半ば強引に引き寄せる。

細ハリスなのでタモでランディング。

1投目から32cmをキャッチ。


その後も同型のグレ含む27~32cmを10枚。14時から納竿の18時まで入れ食い状態を楽しんだ。



船長の的確なアドバイスに感謝し、磯を後にした。

[使用タックル]
道糸: VARIVAS トリビュート磯 フロートタイプ 1.5号
ハリス:VARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 1~1.2号
ハリ: ジークグレ 競技フカセ 4~6号
    ジークグレ のませ 5号
オモリ:VARIVAS スーパーエコオモリ 5~B
竿:  1.25号
リール:2500番
ウキ: G2~B

ページトップ