磯・堤防 フィールドレポート

三重県大紀町錦磯のジャンボイサキ狙い

夫と旬のジャンボイサキ狙いで三重県大紀町錦磯に釣行。汗もかかないくらい涼しい気候の中、40cm超えの本命ジャンボイサキをゲット。正体不明の大物バラシも…。

「坂口渡船」で半夜釣り、午前9時に出船。2年ぶりに足場の良い「高の島の西」に渡礁。前回、49cmのグレが掛かってくれた磯。

今回のタックルは、道糸にVARIVAS トリビュート磯 サスペンドタイプ 2号。視認性が良く、軽い仕掛けでゆっくり深いタナに入れていくのに扱いやすく、今シーズンの紀東磯で相性が最高に良い。ハリスは信頼のあるVARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 1.7~2.5号。ジークグレ 競技フカセ 6~8号、ジークグレ のませ 4~6号を使用した。

10時に釣り開始。夫と並んで船着きで開始。

30分ほどが経過し、夫が30cm超えのグレをゲット。幸先良く2人で笑顔。この磯はどちらに潮が流れても良いらしいが、右に左にと潮がコロコロ変化するので仕掛けが落ち着かない。凪の状況で潮が引くと同時に夫は1番西に移動。その1投目に夫の竿が大きく曲がる。「イサキ、イサキ40cmあるわ」との声。夫は釣りも食べるのも大好きなので、良型のイサキに歓喜。「こっちで一緒にやれば? 」といってもらうが船着きのポイントも捨てがたい。

直後にウキが入るがハリはずれ。その2投後に再びアタリで、今度はしっかりハリに掛かる。35cmはあるグレにニンマリ。これでオデコは逃れた(笑)。仕掛けが落ち着き、いつ魚が掛かってもおかしくない最高の馴染みと笑っていると強烈な引き。「今度は良型!」と叫んだら魚がハエ根に張り付いた。5分ほど粘ったが出てきてくれずあきらめ糸を切る。夫はさらに大きいイサキを釣り、最高の笑顔。「今度は45cm超えたかも」と。

13時半、ウキが勢い良く消し込む。今度こそは釣りたい。夫も真横で声援を送ってくれる。

水面に良型のイサキが見えてホッ。40cm超えでやれやれ。

夫は安心して釣座に戻ると、またもやヒット。今度は44cmの口太グレ。鮎釣りと磯釣りどちらにするか前日の昼ごろまで悩んだ末、磯釣りに決めた夫。



15時過ぎにグレを数匹追加したが、なぜか小型。ここで全遊動を使いゆっくり沈めることに。先ほどまで気になっていたエサ取りもいなくなり、サシエが残りだした。投げられるだけ遠投すると、仕掛け投入直後に引ったくるアタリ。でも竿先をコンコンとたたき100%アイゴと確信。かなり良型のアイゴが水面に。ガッカリ。

5時過ぎとなり、残り時間はわずか。サシエの頭だけを数珠つなぎして投入。その1投目、竿先が水面に入る勢い。思わず叫ぶ。「きたー!」 重さもパワーも物凄い。ウキが見えてもう少しと思ったら、左側のハエ根で痛恨のハリス切れ。5分後、さらにパワーアップした重量感。夫も「今度は行ける。かなり大物や。俺が一発ですくったる」と真横でタモを構える夫。悪夢は1度で終わらず再びハリス切れ。正体のわからない大物。

結果、夫はイサキ45cm・41cm・33cm、口太グレ44cm・35cm・30cm。私はイサキ43cmと口太グレ35cmとリリースした30cm以下数枚。

おいしい良型のイサキをゲットできたが、必ずまたリベンジしたい。

[問い合せ]
渡船:坂口渡船 Tel. 090-7307-4965
エサ:つりエサ市場 本店 Tel. 0598-74-1091

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ