磯・堤防 フィールドレポート

沖磯で梅雨グレ・チヌ

バリバスフィールドモニターの梅田洋樹です。今回は沖磯にフカセをやりにいきましたのでレポートします。

私のホームでも梅雨真っ只中。今回の釣行前日にも雨が降っていました。当日深夜2時くらいは大粒の雨でしたが、出船前には雨も上がり、天気予報を見るとこの後は雨に悩まされることもなさそうなので一安心。

4:30に出船し目的の磯に到着。同行者がアオリイカをやりたいとのことなので、狙える磯へ瀬上がり。この磯はチヌも多い磯。さらに船長からは、狙い方によってグレも出せるポイントとのこと。時期的にも梅雨グレといわれる時期。梅雨チヌとはあまりいいませんが、欲張って両方狙うことにします。

選択した道糸はVARIVAS バーマックス磯 ゼロフカセ 1.75号。

ハリスはVARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 1~1.7号を準備し、状況によって使い分けました。

ハリはジークグレ 尾長・真鯛 2~4号を準備。

とりあえず朝一番で浮いてくるグレがいれば釣りやすいだろうと考え、ハリ2号にハリス1.2号を選択。ウキはu/0の軽い仕掛けで開始。しかし、1時間経過してもグレからの反応なし。高い位置からマキエを撒いてもグレの姿は皆無なので、狙いをチヌに変更。この時に「もしかしたら、グレのタナは予想よりも深いのでは?」と思いながら仕掛けをチヌ仕様へ。

掛け上がり周辺を釣るのでハリスを1.5号に変更。エサ取りが多いので、黄色い練り餌をチョイス。すると、ウキが少し頭を押さえそのまま加速して海中へ。アワセを入れると、竿に伝わる重量感とチヌ独特の引き。サイズは40cm程度ですが狙い通りの1枚。

その後も同じ潮筋を流しながらチヌを狙いましたが、どうも自分の立ち位置から右側の潮が気になったので、今度はそちらに仕掛けを投入。マキエを数杯被せると、勢いよくウキが消し込む。アワせると強い引き。

スピード感のある引きで上がってきたのは30cmUPのグレ。

同じ潮を釣るとまたグレがヒット。さっきまでまったくアタらなかったグレ。タナは竿1本分(約5m)ですので、やはりグレのタナは予想よりも深かったようです。今度はあえてマキエをウキに被せず、少し離してみることに。竿1本のタナでしっかりと仕掛けを馴染ませてみたらどうなるのか。すると勢いよくウキが消し込みパワフルな引き。根に張り付こうと抵抗し、足元で突っ込みます。このグレは良型の35cm。

このグレを釣った後は、浮き藻が流れてきて釣りにならず。藻がなくなるころには潮も変わり、再びグレのアタリを出すことはできませんでした。

そして、またチヌ狙いにシフト。おびただしい数のアジがいて釣り難かったのですが、なんとかチヌを追加。

これからの沖磯は暑さが増し、熱中症の危険もあります。水分補給や濡れタオル、掛け水などを用意して釣行するようにしましょう。

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ