磯・堤防 フィールドレポート

尾鷲磯 通し釣り、半夜釣り開幕

5月に入り、三重県の各エリアの磯釣りは通し釣り、半夜釣りが開幕した。夕方の時合いには、一発大物狙いができる。三重県 尾鷲の磯に妻と二人でいつもお世話になる大ちゃん渡船を訪れた。

当日は8時に出船する8時通し(8時~日没)を利用。船長の勧めでアゴ島に渡礁した。4月中旬に尾長グレ狙いで渡礁した時に、妻は2投目に47.5cmの口太グレを釣り上げたので、今回もやる気十分。

午前9時釣り開始。釣座は妻がスベリに、私が東の先端。当日の仕掛けは、道糸に視認性の良いトリビュート磯 サスペンドタイプ 2号を選び、ハリスはハードトップ磯 プレミアムハリス 1.7~2.5号。ハリは尾長狙いに絶対の信頼を寄せているジークグレ 尾長Ⅱ ピンク 2号をメインにし、食いの渋い時にはカエシのないスレバリのジークグレ 競技スレ 4~7号を使用した。


際を狙うもサシエが残らない。潮は九鬼崎方面に流れている。そして、妻に30cm弱の尾長グレがヒット。

私もサシエが残る所を探して、25cmほどの尾長グレを2匹連チャンでヒット。「入れ食いモード突入か」と思えたが、潮流はコロコロと変化し、思ったように仕掛けを馴染ませられない。潮流は右に左に変化はあるものの、上潮が滑っているため難しい。

際でサシエが残り出したので、重点的に狙うと35cmの尾長グレをゲット。妻も30cmをヒットさせた。その後、25cm前後の尾長グレが3匹ほどヒットしたが、だんだんとキタマクラが多くなり、際はサシエが残らない状況に。サシエが残るところを探して沖を狙うが、そこもキタマクラが湧きだした。

12時の潮止まりに休憩をとり、12時半に釣りを再開。正面からの風で少し釣り辛いが、潮は左にゆっくり流れている感じで底潮も動いている。ウキを少し沈め気味で、仕掛けをかなり張りながら流していく。張って流していることで、アタリが出やすいので少しの変化でも即アワセ。先端のハエ根付近で37cmの口太グレがヒットし、立て続けにすぐ32cmも。

その後、風で仕掛けが入れにくく、前方のハエにラインが絡んでしまいそうになる。潮流は悪くはなく、「上手く馴染ませられた」と思うのと同時に穂先に「コツコツ」と小さなアタリ。聞きアワセを入れると確かな重量感。ハエに注意しながらタモに納まったのは、40cmの尾長グレ。

この後は潮流が早く左に流れるものの、上潮だけが滑っている状態になり、サシエがそのままの時間が2時間続いた。16時半ごろに潮流が少したるんだタイミングで37cm尾長グレを追加。

しかし、その後が続かず、サシエが残ったままの状況で18時の納竿を迎えた。

今回の釣行では、前半(下げ潮)はエサトリの活性もあり、仕掛けが上手く通ればグレがヒットしてきたが、後半(上げ潮)はサシエは残りっ放しの状況が長く続いた。それでも少し変化があれば、即答えが返ってくる。

今後も、潮が動けば必ず良型尾長グレが動き出す展開になるだろう。また、納竿間際に良型イサキの入れ食いが期待できるのも楽しみのひとつ。気温が高くなるので、水分補給は十分に行い熱中症にならないよう注意してほしい。

[問い合せ]
渡船:大ちゃん Tel. 090-7023-0553
エサ:つりエサ市場 尾鷲店 Tel. 0597-23-1089

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ