磯・堤防 フィールドレポート

2017 シマノジャパンカップ グレ 関西B大会に参戦

5月21日(日)に串本で開催されました、シマノジャパンカップ グレ 関西B大会に参戦しました! 時期的には微妙なコンディションで、前情報でも厳しい状況ということは聞いていましたが…まさか、これほどまでに厳しいとは思ってもいませんでした…。

今回の参加者は90名ほどで、セミファイナルに進出できるのは5名のみ。5船に分かれて戦うため、船中1位にならないと勝ち上がれません。前日開催されたA大会でも、釣果は厳しかったとの情報。状況から推察すると、朝の時間帯にいかにして魚を獲るかが、勝負の鍵となるようです。くじ引きで73番を引き当てて小川渡船さんに乗船。さまざまな展開を想定し、戦うイメージを膨らませながらいざ出船!

まず最初に降りたのは名磯「沖の長島」。私自身、串本は大会で来る程度なので、あまり分かっていませんでしたが…同礁した選手がホームグランドとしており、「良い磯だ」という情報をお聞きしたのでテンションが上がります。優先権はなかったので先に場所を選んでいただき、私は東向きに釣座を構えて実釣スタート!


今回はこちらのタックルで挑みます。

[使用タックル]
ロッド:磯竿 1.5号
リール:3000番
ライン:VARIVAS トリビュート磯 フロートタイプ 1.75号
ハリス:VARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 1.2〜1.5号
ハリ: ジークグレ 競技フカセ 5~7号

開始直後に良い感じの潮が流れ、約30分ほど経過したところで竿を引ったくるアタリをとらえますが…チモト切れ。「ここはチャンス!」と打ち返しますが反応がなく、あっという間に前半戦が終了。反対側に移動して後半戦がスタートしますが、前半戦とは打って変わって、サラシ・横風・あて潮と、状況は芳しくなく…ここではキーパーサイズ以下の木っ端グレ1枚で終了。

そして磯替え。次に降りたのは「エンイチ」。情報がまったくないので、攻め手が分からないのですが、とりあえず内向きからスタート。沖、手前を攻めるも反応なし。浅く、深く釣るもまったく反応なし。状況は変わらないまま時間だけが過ぎていく。

そしてラスト1時間半。釣座を交代し、裏手へ。左手にサラシがあり、その奥の潮が沖に流れ、手前は引かれ潮で吸い込まれていく潮を発見! 引かれ潮から仕掛けを馴染ませて、コマセをバラケさせながら浅く釣る。そのタイミングでウキが一気に吸い込まれアワセるも…ハリに乗らない。しかし、この潮しかないと判断して集中攻撃。

残り時間は40分。同じように攻め、同じ場所でついにアタリが! 今度は重量感があり…なんとか30cmの本命をゲット。「ここしかない!」と一気にスパートをかける。10分後にもう1尾を追加! そしてラスト5分にもう1尾!と思いきや…これは外道のサンノジ。キーパー2尾で納竿となりました。「さすがに2尾では厳しいな」と思いながら帰港。

いざ検量へ。状況的には昨日よりもさらに厳しかったようで、2尾を釣った選手はおらず、私は2匹 1,150gで船中1位、総合第4位でセミファイナル進出となりました。非常に厳しい戦いでしたが、最後の最後まで諦めず、終盤で良い潮が味方してくれたことが結果につながりました!


セミファイナルは6月に尾鷲で開催です。全国大会出場を目指して、精一杯楽しみたいと思います!

ページトップ