磯・堤防 フィールドレポート

春グレ開幕!! 30cmUP混じりの数釣り

バリバスフィールドモニターの梅田洋樹です。少し前にテトラ帯で乗っ込みチヌを狙いに行った際に、グレがマキエに沸いたのを目の当たりにしたので、今回はそのグレを狙ってきました。

タックルは、2500番のレバーブレーキリールに、道糸がVARIVAS バーマックス磯 ゼロフカセ 1.75号、ハリスはVARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリスの1号と1.2号を使い分けました。

マキエはオキアミ生 3kg + グレ集魚材 2袋

とりあえず状況把握のため足元にマキエを撒いてみると、すぐにエサ取りの姿が。そして、海が良く見渡せる高い足場から竿2本分くらい先にマキエを打つと、グレが湧きます! この様子であれば良い釣りができそうなので、早速仕掛けを組むことに。風が少し強く、上潮と下潮に違いがありそうなので棒ウキ0号を選択。タナは明らかに浅いので、ハリスは1ヒロにし、ガン玉はなしにしました。手前にエサ取りを釘づけにし、沖に仕掛けを入れて2杯ほどマキエを被せます。すると、1投目からウキが消し込んでグレがヒット! 足の裏サイズのグレをキャッチ。

その後も連発で同サイズが釣れてくれます。同行者は苦戦していますが、私はパターンを掴んでいるので、ガン玉で仕掛けを微調整をしながらコンスタントにグレをヒット。そして、この日1番の引きが!

今日初のタモ入れ。

このグレは私のホームエリアでは良型の30cmUP。実に楽しいです。

バーマックス磯 ゼロフカセは視認性が良く、さばきやすいので仕掛けの入れ込みもスムーズにでき、すこぶる良い使用感です。ハードトップ磯 プレミアムハリスも非常に強いので、30cm以下は1号でも安心して抜き上げることができます。

その後も、平均26~28cmのグレをコンスタントにキャッチ。


30cmUPも数匹キープすることができ、数・サイズともに納得のいく釣果でした。

この日は日射しが強くて暑かったのですが、VARIVAS ドライジップシャツ 長袖 VAZS-17で快適な釣りをすることができました。これからの季節になくてはならないアイテムです。

まもなく梅雨グレにも差しかかってくるので、全国的にも楽しいグレ釣りができるかと思います。ぜひ、魚との出会いを求めて釣りにでかけてみてはいかがでしょうか。

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ