磯・堤防 フィールドレポート

乗っ込みチヌを狙え!! 実釣テレビ取材

バリバスフィールドモニターの梅田洋樹です。

今回はテレビ取材で乗っ込みチヌをフカセで狙いに行きました。事前のプラクティスで色々なポイントに足を運びましたが、どこも厳しい状況。今年は乗っ込みが遅れているようで、メーカー関連の大会でさえあまり釣れていない状況です。

そんな状況でも仲間に声を掛けると、ほとんどがルアーマンなのにもかかわらず、多くの釣友に集まってもらえました。
メインがフカセなので、本当は沖磯に出なくても実は波止場で手軽にフカセってできますよ!っていうのを見せたくて、近場の波止場にしようと思いましたが、多くの仲間が集まってくれたことで他の釣り人にご迷惑を掛けることになりかねないため、急遽巡航船で行ける波止場にすることに。

オープニング撮影をして実釣開始。

今回メインに使用したのが
メインライン バーマックス磯 ゼロフカセ 1.75号
ハリス    ハードトップ磯 プレミアムハリス 1.2~1.7号
ハリ     ジークグレ 尾長・真鯛 ピンク 2~4号

ハリス・ハリとも状況に合わせて使い分けることにしました。

釣り場に到着し、今回使用するラインやタックルの説明・釣り場の特徴を紹介して実釣開始。

天気も良く、風も時折吹く程度でやりやすい。…しかし潮が動かない状況。マキエも真下に沈み、ウキも動かず、仕掛けが真下に入るくらい潮が動きません。

そんな中、少しだけ底潮が動きはじめました。すると同行していたくれていた釣友が見事に本命のチヌをゲット!!

サイズこそ35cm程度ですが、ホッとする1匹。

しかし、後が続きません。相変わらず仕掛けとマキエは真下に落ちていく始末…
それでも何とかチヌを掛けようと、マキエを同じポイントに集中して撒きます。

すると、ツケエに変化が出てきました。オキアミでは潰れたような、練り餌では半分かじられているような状態でかえってくるようになってきました。チヌがツケエに興味を示しているようですが、食い込まない。何かツケエのサイズを嫌っているように思えたので、ハリを2号まで落として練り餌を極力小さくつけてみることに。その1投目でウキが沈みましたが、掛けることはできませんでした。

ツケエを練り餌からコーンと小さなサナギに変更して同じポイントへ。今度はウキが少しシモり停止…それから加速して消し込んでいきます! チヌ独特のアタリです!

大きくアワせると竿が綺麗な弧を描きます。

手前に藻があり取り込みに少し苦労しましたが、どうにかチヌをキャッチすることができました。


計測の結果、ジャスト40cmのチヌでした。

数・サイズともに納得できる釣果ではありませんでしたが、テレビの取材という緊張感漂う中で釣りをして、チヌをキャッチすることができ、良い経験となりました。

これから全国的にも、また私のホームである山口県中部・東部でもチヌの食いが上向いてきます。みなさんも是非デカイ乗っ込みチヌを狙いに行かれてはいかがでしょうか!

ページトップ