磯・堤防 フィールドレポート

春のクロダイ報告 -福井県敦賀半島-

春分の日を過ぎて若狭磯にも、穏やかな日和が戻ってきました。冬には立ち寄れなかった荒々しい磯も、ようやく釣り人を受け入れてくれる季節です。春のクロダイを狙おうと会友らを誘って、敦賀半島の白木の磯に出掛けてみました。

渡ったのは合崎の地の奥の磯で、3人で並んで釣りを開始しました。水温は12℃とまだ低く、しばらくはコマセを撒いても反応はありません。潮は緩く左に流れており、ウネリでできるサラシが広がっていました。少し潮に変化が出れば、食いが立ちそうな気配でした。

タックルはクロダイロッド1.25号にLBDリール2500番。仕掛けはトリビュート磯フロートタイプ2号に、ハリスはハードトップ磯プレミアムハリス1.5号を使用。ハリはクロダイとグレ狙いという設定で、ジークグレ尾長・真鯛の2号ピンクを選びました。

まずは中央にいた田平さんヒット。足元に寄せ、無事タモに収めたのは46cmのクロダイです。ようやく出た1尾にそれぞれ集中して仕掛けを入れます。潮とサラシが当たるポイントで、ウキがゆっくり海中に引かれました。一呼吸置いてラインを巻き上げ大きくアワセを入れると、ガツンと鈍いアタリが出てかなりの重量感が伝わります。ハードなハリスに信頼してロッドの弾力で耐え、タイミングを見て慎重に巻き上げました。果たして海中にキラリと光るのは、かなり良型のクロダイです。岩ノリで滑るためタモ入れを助けてもらい、タモ枠オーバーの53cmの魚体に笑顔がこぼれました。


潮が良くなったのか気配が増して、私と田平さんにダブルヒットになりました。私は前にある根に巻かれて惜しくもバラしましたが、田平さんは45cmのクロダイを追加です。続いて右にいた大岡さんも44cmを取り込みました。

しばらくしてまたも私にヒットして、良型の47cmのクロダイがきました。

ほぼ同時に大岡さんが続いてロッドを曲げ、こちらも引きが強く良型のようす。しかし浮かせてびっくり! 日本海ではビックサイズの42cmの口太グレです。「グレもいるんだ」と一気にテンションが上がります。やや震える指先で刺し餌を付け、仕掛けを入れます。そう上手くはいかないか?とアタリを待つと…またまたヒット!

これまでにない引きにグレだと直感し、慎重にかつ強引に浮かせにかかります。足元でも何度も突っ込みをみせ抵抗しましたが、なんとか浮かせてタモに収めたのは45cm口太グレでした。狙っても難しい若狭の良型グレだけに、クロダイとともに釣れて嬉しい1尾となりました。

このあとも45と50cmのクロダイを追加し、午後3時終了して港に戻りました。大岡さんがクロダイ44cmとグレ42cm。田平さんはクロダイ42~46cm 3尾とアイナメ42cmの釣果です。

私はクロダイ45~53cmを4尾とグレ45cmをキープ。

他磯では浅野さん達が40~43cm 2尾釣っており5人で10尾と好釣果となりました。
若狭の磯ではGWに向けて、クロダイの乗っ込みに向かいます。水温の上昇とともに各地の磯で、銀鱗輝く美しいクロダイが本格化しそうな気配です。ぜひお出掛けください!

[使用タックル]
道糸: トリビュート磯 フロートタイプ 2号
ハリス:ハードトップ磯 プレミアムハリス 1.5号
ハリ: ジークグレ 尾長・真鯛 2号ピンク
その他:キーパーバッカン
    ハードバッカン
    水汲みバッカン
    エサバッカン

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ