磯・堤防 フィールドレポート

芸予諸島 秋チヌ偵察

9月に入り少し涼しくなり、いよいよ秋チヌのシーズンになりました。今回は渚釣りのポイント探しで、芸予諸島 竹原沖の阿波島に偵察釣行しました。渚釣りは水深が浅い場所が多いので、満潮前後が狙い目。当日は満潮前から釣り始めました。

まずは1つ目の湾へ。ここは水深があり、潮下のかけ上がり付近がボイントです。開始10分後、30~35センチ級が入れ喰いに。ポイントとして悪くはないのですが型は小さめです。

1時間30分後、2つ目の湾を調査。ここは、沖に向かって60mほど先まで水深2.5m前後という遠浅の地形です。撒き餌をして10分後からぽつぽつと釣れますが、やはりここも同じサイズ。練餌も試しますがあまり効果はありません。ここで、ハリスをVARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 1.2号から1号にチェンジし、撒き餌の外側を釣ると40cm弱がヒット! 少しサイズアップです! しなやかなプレミアムハリスの食い込みの良さを感じ「よしよし、これからだ」と期待が膨らみます。

魚がけっこう寄っているようなのでタナを浅くして、撒き餌を撒かずに刺し餌だけを投入してみると、これにヒット!! 今までにない重量感が伝わります。浅いために横走りする元気のいい秋チヌとのやりとりを楽しみ、あがってきたのは45cmのチヌ! してやったりです。その後もぽつぽつ釣れ続きますが、引き潮でさらに水深が浅くなったので終了。3時間ほどの釣りを楽しみました。


渚のチヌは反応が早いので楽しいです! 場所によっては大型ばかり釣れるポイントもありますので、ポイント開拓をしてみてはいかがでしょうか。皆様の身近にある砂浜にも凄い釣り場があるかもしれませんよ!     
 

[当日の仕掛け]
道糸: VARIVAS バーマックス磯 ゼロフカセ 1.5号
ハリス:VARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 1号
ハリ: ジーク ABLチヌ NSブラック 2号、
オモリ:スーパーエコオモリ 5号
ウキ: 小型棒ウキ 0号

ページトップ