磯・堤防 フィールドレポート

大型マダイ狙いで新潟県粟島へ

7月に入り夏真っ盛り! 磯の上も石焼き状態ですが、釣りのためなら夏の暑さにも負けず・・・ということで7月8、9日と大型のマダイを狙いに新潟県粟島に行ってきました。

粟島ですが、7月はエサ取りだらけ!のイメージがありますが、場所によってはそんなこともなく意外と良い釣りができます。磯もがらがらで貸切状態となり、ハイシーズンでは中々乗れない1級磯も乗りたい放題! 暑さに負けなければ夢のポイントを探索できます。




私が2日間乗った磯も粟島では超1級磯の北のエンガイグリという磯でマダイは勿論、メジナ、クロダイ、イシダイ、青物と狙える魚種も豊富です。今回は大型マダイ狙いだったのと、シモリ根も多い所なのでタックルは強めの物を選びました。ロッド2号、ラインはVARIVAS バーマックス磯[本流]4号、ハリスはVARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 4号、ハリがジークグレ 尾長・マダイの4号、5号と信頼できるタックルです。初日は残念ながらマダイの釣果はなかったのですが、口太の30cm前後は入れ食い状態。最大は45cmで沖のシモリ際で掛かり、根ズレしながらもラインとハリスに助けられ、何とかキャッチできました。




2日目は打って変わりメジナの姿は全くなく1投目からチャリコ、その後程なくして本日最大となりましたが納得サイズの60cmのマダイが掛かりました。
潮が動かず立て続けとはなりませんでしたがポツリ、ポツリと40cmクラスを2枚程追加することができました。




今回の釣行で大型のマダイには出会えませんでしたが、私自身納得のいく釣果での初夏の粟島釣行2日間を終了しました。7月の粟島は潮次第ではもっと良い釣果も期待できます。
これからの季節は暑さ対策をしっかりとし、朝夕の涼しい時間帯だけ釣りをして昼間は海水浴なんかもありかもしれませんね。


 
[使用タックル]
VARIVAS バーマックス磯[本流]4号
VARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 4号
ジークグレ 尾長・真鯛 4号

ページトップ