鮎 フィールドレポート

滋賀県丹生川 製品テスト釣行レポート

京都の野口です。

7月の大雨から中々水が引かず、垢も付かなかった滋賀県丹生川でしたが 、何とか入れると聞き8月2日に服部晃一テスターとクラブのメンバー3人で 製品テストを兼ねて釣行に行ってきました。

当日やはりまだ垢が付いているところと付いていない所があり、とりあえず私は上流へ。晃一テスターは下流に別れて入川 。しばらく反応なく下流を見ると瀬に入った二人とも掛かっていますが、テストも兼ねているので、上流でポイントを探し狙うと黄色い鮎が掛かり出し、午前中はまずまずの展開に。午後からは下流を歩き回り、良さそうなポイントでプリ入れ掛かりもあり楽しませてくれました。

時たま良いサイズも掛かるのですが、全体的に小ぶりでした。ですが、黄色い綺麗な湖産鮎が目印を飛ばして遊んでくれ、良いテスト釣行となりました。川の状態はまだ本調子ではなかったですが、日に日に良くなると思います。製品も来シーズンが楽しみです。


午前中の釣果


服部晃一テスターと

[使用タックル]
竿:プロト、レクシード ヴォルティス クアトロエディション 90
天上糸:エクセラ鮎 天上糸 ハイブリッドPE マーキング 0.6号
水中糸:プロト、エクセラ鮎 水中糸(フロロ) 0.15号
鼻カン回り糸:エクセラ鮎 鼻カン回り糸(フロロ) 0.6号
鼻カン編付け糸:エクセラ鮎 鼻カン編付け糸 ハイブリッドPE 0.5号
ハナカン:エクセラ鮎 ナチュラルハナカン 6号
ハリス:エクセラ鮎 カットハリス(フロロ)1号、1.2号
ハリ:プロト、エクセラ鮎 ダイレクト 6.5号、アステア TYPE-2 6.5号・7号、アステア 914Z 6.5号

< 鮎 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ