鮎 フィールドレポート

三重県 宮川上流の鮎釣り

私が住んでいる三重県大台町の宮川上流で、5月11日に鮎の友釣りが解禁した。昨シーズンの解禁日は好調でロケット発進。今シーズンは少し控えめでもあったが、場所によっては束釣りをされた方もいたようだ。

妻と2人でイタドリボリにゆっくりめの13時入川。6月に入り、他の河川が解禁となったため貸切状態。

当日は今季発売となったライン、エクセラ鮎 メタフレックス 0.04号と、エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックス ネオ 0.06号をポイントによって使い分けた。ハリは宮川上流にはベストマッチのASTEA TYPE 2 短軸早掛け(オールラウンドタイプ) 5.5~7号、ASTEA ギブ 超早掛けタイプ 6~7号で、すべて4本イカリを使用。


私は入川階段から100m上流の右岸側分流からスタート。オトリを泳がすこと数秒、3m手前で目印が吹っ飛んだ。16cmほどの真っ黄色で綺麗な鮎。

その後3連チャンでオトリを確保できたので、上流のモエモンの群れを狙いに。妻は私より少し下流のトロ場へ。私は左岸側チャラ瀬狙い。ポイントには小さな群れが走り回っている。オトリを送り出して馴染ませると、着き鮎がいたのか後ろから追いかけきて、凄いアタックで背掛かり。17cmの良型がヒットした。



その後サイトフィッシングで同サイズを5連発。見えにくいが、今度は右岸側のチャラ瀬に鮎が入っているようで、すぐにオトリが反応。キラキラと絡み合うようなアタリでヒット。時合いなのかオトリが馴染めば数秒後にまたヒット。

数匹追加してから妻に状況を聞くと、5匹ほど掛けたが歯車が狂っていてなかなか調子が上がらなく休憩するとのこと。私はトロ場の大石狙いで、着き鮎と思わしき凄いアタリに感動。妻の釣った後だったが連チャンでヒット。本日チョイスしたASTEA ギブ 超早掛けタイプが当たりハリなのかバラシなし。

休憩中の妻に竿を渡し、私もしばし休憩することに。不調の妻だったが、なんと18cmの良型が背掛かりで5連チャン。鮎釣りとはこのようなものなのか…と再認識。

妻は満足したと終了し、私はあと1時間延長することに。いつもなら夕方の時合いで、群れが「ハミハミタイム」となり入れ掛かりとなるのだが、今シーズン、特に17時以降は活性が著しく低くなるような気がする。それでもポイントを少し変えて狙うと、ドッカーンとくるアタリもあって楽しい。水温変化などで鮎が少し浮き気味になり掛かりが悪くなると、少し浅場を狙ったり起伏の激しいカケアガリのポイントなどを狙って、納竿までにポツポツと釣れた。15~19cmまでを私は31匹、妻は途中リタイアで10匹。昼からの釣りとしては満足だ。

複合メタルラインのエクセラ鮎 メタフレックスは比重が3.5で泳がせ釣りとの相性が良い。ナイロン、フロロラインでの泳がせ釣りとは少し違った新しい釣りが展開できそうだ。

[問い合わせ]
宮川上流漁協 Tel. 0598-77-2110
大原オトリ店 Tel. 080-1627-4293

ページトップ