鮎 フィールドレポート

美山川釣行

京都の野口です。

5月28日(日曜日)、解禁2日目の美山川の釣行です。前日の解禁初日は3桁超えもあったようで、爆釣の解禁だったとのこと。釣行当日の朝は、オトリ屋さんもたくさんのお客さんで賑わっていました。とりあえず川を見ながらポイントを探しますが、前日良く掛かっていただけあって、良さそうなポイントには既に先行者が入っています。

川の様子をみながら空いているポイントを探し、そこで出会った先行者の方に話しを聞くと、やはり前日良かったポイントで良く掛けているとのこと。その付近の空いているポイントに入らせていただきました。

すぐに1匹掛かるも、サイズが小さく後が続かない。また歩きながらポイントを移動し、チャラでようやく良いサイズが掛かりだします。

少しずつポイントを変えながらたまに入れ掛かりもあったりして、1日中楽しむことができました。当日の状況は渇水でしたので、エクセラ鮎 水中糸 フロロカーボン 0.15号で引き釣り泳がせて、ハリはASTEA 914Z 6.5号が良かったです。



今後の美山川は、しばらくは釣り荒れてサイズが落ちると思いますが、鮎はたくさんいるので今シーズンも楽しめそうです。



[使用タックル]
竿:   レクシード VORTIS QUATTRO EDITION 90
天上糸: エクセラ鮎 天上糸 ハイブリッドPE マーキング 0.6号
水中糸: エクセラ鮎 水中糸 フロロカーボン 0.15号
目印:  エクセラ鮎 みえる目印
鼻カン回り糸:エクセラ鮎 鼻カン回り糸 フロロカーボン 0.6号
ハナカン:エクセラ鮎 ナチュラルハナカン パープル 5.5号
サカサバリ:エクセラ鮎 完成ウェーブサカサ フック式 1号
ハリス: エクセラ鮎 カットハリス フロロカーボン 1.2号
ハリ:  ASTEA 914Z 6.5号
     ASTEA TYPE2 短軸早掛け(オールラウンドタイプ) 6.5号

ページトップ