鮎 フィールドレポート

三重県名張市名張川釣行

7月28・29日の2日間、夫と休みが偶然同じだったため三重県名張市にある「名張川」へ。今年の名張川は天然遡上が豊富な上に型も良いとのことで期待大です。

28日、7時過ぎにいつもお世話になる追い星おとり店さんへ到着。地元の方に案内していただき「やぶ下」に入川しました。




開始後いきなり4連チャンするも、なまずも4連チャン…。場所移動です。

次に案内していただいたのは「家野橋下流」。




連日の釣り人と渇水で苦戦しましたが、夕方にはプチ入れ掛かりも!!



この日は夫35匹・私25匹で終了しました。


29日もあの強烈なアタリを求め再び名張川へ。午前9時に追い星おとり店さんに到着。この日も親切な方に案内していただき「家野製材裏」に入川です。初日に使用したアステア タイプ2の6.5と7号はバレも少なく安心して使えたので、この日も迷わず選択。10時半に釣りを開始すると、すぐさま目印が飛ぶ強烈なアタリが! 幸先良く18cmのまっ黄色のアユが釣れました。

アユは一面どこにでもいて、目印が2m程飛ぶ強烈なアタリが出ますが、水温が上昇するとオトリも弱るのが早いので、おとりアユがうまく循環してくれることを祈りながら釣りを続けます。その後も良型のアユが連チャンしてなかなかサオを置けない状況のなか、水分補給と休憩も大切と思い15時に一旦休憩。この時で夫15匹・私25匹でした。

休憩後は上流の瀬に移動。




今日一番の引きで瀬釣りの醍醐味を味わい、これをきっかけに再び連チャンモードに突入! 案内をしてくれた茂山さんの声援もいただき最高の気分です! 17時半頃より徐々にペースダウンしてきたので、同じポイントで粘らず、少しずつポイントを変えていくことで数を伸ばすことができました。



まだまだ釣りをしたいところをグッと堪えて18時半納竿。16cm~最大22cmと前日よりも良型が多く、夫26匹・私43匹でした。

今後の見通しをお聞きしたところ、アユは大量にいるので雨が降れば再び大爆釣しそうとのこと。70匹~80匹の方もたくさんおり、鮎釣り教室では初めての女性の方でも20匹釣られたそうです。ちなみに、初日になまずで撃沈したポイントでは翌日午後から40匹以上釣れたらしいですよ!

今回アドバイスしてくれた沖中さん、案内をしていただきご一緒させてくれた茂山さん、多くの親切で気さくな釣り人さんと良型アユのおかげで本当に楽しい釣行となりました。 皆さんも是非、目印が吹っ飛ぶような強烈な釣りを楽しめる名張川に出かけてみてはいかがでしょうか。


[使用タックル]
ロッド:  レクシード ヴォルティス SP早瀬 85
天上糸:  エクセラ鮎 天上糸 ハイブリッドPE マーキング 0.6号
水中糸:  エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックス 0.06号(4m)
ツケ糸:  エクセラ鮎 ツケ糸[フロロカーボン]上 0.5号(60cm)、下 0.3号(15cm)
ハナカン: エクセラ鮎 ナチュラルハナカン パープル 6号
ハナカン回り糸:エクセラ鮎 鼻カン回り糸[エステル]0.8号
サカサハリ:エクセラ鮎 完成ウェーブサカサ[フック式](ガイドスリットフック)1号
ハリ:   ASTEA TYPE-2[短軸早掛け]6.5号・7号(4本イカリ)
ハリス:  エクセラ鮎 カットハリス[フロロカーボン]1.2号

ページトップ