トラウト フィールドレポート

【ネイティブ】富山県黒部川のサクラマス

富山県黒部川の「さくらます漁」。幸運にも昨年に引き続き、今年も当選となり、再び黒部川に立てることになった。

「さくらます漁」の漁期は3月1日から5月31日までの3か月間。今年も3月から釣行してみたが、減水した黒部川からはサクラマスの気配は感じられなかった。4月も中旬を過ぎると、水量も徐々に増大し、サクラマスの釣果がをわずかながら聞こえるようになった。しかし、私の場合は、厳しい状況が続いていたのだが、テトラがらみのポイントで55cmクラスをヒットさせたのだが、ランディングに失敗。貴重なワンチャンスをみすみす失うこととなった。


<豊富な残雪がこの川の源だ>

5月に入り、黒部川の水量を確認するために「黒部河川事務所防災情報システム」をチェックする機会も増大。そして、雨による増水が収まりつつある中、何度目かの訪れとなった。


<黒部川に朝日が差す。5月だがダウンが必要な気温だ>

水量が豊富となった黒部川のサクラマスは、「瀬」を中心としたゲームとなる。使うミノーもミディアムディープかディープダイバーが中心で、瀬脇や水中の石裏を強く意識している。常用しているラインは、スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec 1.2号。リーダーはスーパートラウト アドバンス ビッグトラウト ショックリーダー 16lb.。この組み合わせでのルアーの飛距離に不満はない。むしろ私にとっての“もしものサイズ”を想像したのなら、この組み合わせがベストだと思っている。


<これらのライン、リーダー & PEにシュッ! が、強い味方だ>

今回のヒットは、対岸の瀬脇だった。ヒット後は、ドラグを鳴らしながら、激しい流れの流心に突入したのだが、無事に手前の瀬脇に誘導することができた。重量感のあるファイトだったが、安定感のあるタックルから、アドバンテージは常に釣り人側にあった。前回のランディング失敗があるため、ギクシャクとしたランディングだったが、ランディングネットに収まったサクラマスは63cmの重量感のある魚体だった。


<いい表情だ>


<この魚体の美しさに、はまっている>

[タックルデータ]
ライン: スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec 1.2号
リーダー:スーパートラウト アドバンス ビッグトラウト ショックリーダー 16LB.
ミノー: バスディ シュガー 2/3ディープ SG85F
 

< トラウト 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ