トラウト フィールドレポート

【エリア】サンクチュアリ 2018チャンピオンシップトーナメント 第1戦 優勝

今回は、三重県にある、「フィッシングサンクチュアリ」で開催された、「2018チャンピオンシップトーナメント 第1戦」に参加し、優勝することができました。

当日活躍してくれた、タックルセッティングについて紹介します。

■タックル①(放流狙い用)
当日の放流魚はスローな状況だったので、キャッチ率を上げるためにフックサイズをいつもよりワンランク下げて、キャンバス #6にして釣っていきました。

ロッド :トラウトロッド 62L
リール :イグジスト 2004
ライン :VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド VSPフロロカーボン 0.3号
ルアー :スプーン 2.8g
フック :VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド トーナメントフック CANVAS(キャンバス)#6

■タックル②(放流の残存鱒狙い用)
放流後の比較的高活性な魚に狙いを絞りましたが、沖で突っ込んでくるバイトと、手前のブレイクで反転する高速バイトに対応するために、新しく発売された「ARDトーナメント ドライブ RX 61F-T2RX(ハイブリッドグラスチューブラーモデル)」を実践導入しました。グラスティップとエステルラインの組み合わせが上手く作用し、多様なバイトを絡め取ってくれました。

ロッド :ワークスリミテッド ARD トーナメントドライブ RX 61F-T2RX(ハイブリッドグラス チューブラーモデル)
リール :ステラ C1000S
ライン :VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド スーパーエステル 0.3号
リーダー:VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド ショックリーダー VSPフロロカーボン 0.6号
ルアー :スプーン 1.5g
フック :VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド トーナメントフック CANVAS(キャンバス)#7

■タックル③(マイクロクランク用)
決勝戦では、スプーンとクランク両方に反応がありましたが、私はマイクロクランクに絞って勝負を掛けました。スタートからしばらくは、柔らかめのロッド+エステルラインの組み合わせで狙っていましたが、下から食い上げてくるバイトに対応できなかったので、高感度セッティングに切り替えて勝負しました。
高感度セッティングにすることで、食い上げてくるバイトを素早く察知。確実にフッキングを決めて、優勝することができました。

ロッド :ワークスリミテッド ARD トーナメントドライブ エクストラ ARD-62T-DTX
リール :ステラ C1000S
ライン :VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド スーパーエステル 0.3号
リーダー:VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド ショックリーダー VSPフロロカーボン 0.6号
ルアー :マイクロクランク 
フック :トラウトフック #8 / #10

以上が、今回の私のメインタックルです。タックルバランスについては個人差がありますのでこれがベストとは言えませんが、少しでも参考になれば幸いです。最後に、今年も残りわずかとなりました、一年間各地で転戦し、お会いした皆様には大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

以上、報告は出口でした。

< トラウト 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ