トラウト フィールドレポート

PEラインでエリアフィッシングにチャレンジ

久しぶりにエリアフィッシングへ行ってきました。良型が釣れる場所なので強めのタックルにして、ラインも余裕のファイトが可能となる「VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパプレミアムPE 0.3号」を選択。このPEならばまず負けることはありません。

当日は朝の気温0℃付近まで冷え込みましたが、水温は温かく期待が持てるコンディションでした。早朝一番のトラウトが口を使いやすい時間帯に数を伸ばそうと、素早く探れる効率の良いルアーを選択。一気に数本を釣り上げ、このまま数を伸ばせるかと期待しましたが途中でストップ。前日の土曜にかなり撃たれていたのか、ルアーに対して逃げるような個体も多い状態です。そこで、ルアーカラーではなくルアーのタイプをローテーションさせる作戦で反応する個体を丁寧に釣りました。

最後の最後はスプーンで終了時間まで地道に釣って、良型を含めてなかなかの数をキャッチできました。トラウトは何度やっても悩まされる釣りで、ある日は上手く爆釣できて自信を持てたのに、次の釣行ではボロボロな釣果でトラウマになりそうになる、とても楽しい釣りです (笑)

そして、VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパプレミアムPE 0.3号は一度もラインブレイクすることなく釣り終えることができました。このラインの0.3号でライトゲームのターゲット相手に切られることはありません。

[タックルデータ]
ロッド: アジングロッド 7.3ft
リール: ヴァンキッシュ C2000S
ルアー: プラグ・スプーン各種
ライン: VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパプレミアムPE 0.3号
リーダー:フロロカーボンライン 8lb.

< トラウト 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ