トラウト フィールドレポート

三面川の鮭釣り

新潟県村上市を流れる三面川は、鮭との歴史が深い川としても有名だ。その三面川で、「鮭試し釣り」が実施されているので参加してみた。この「鮭試し釣り」は、現在は漁協の組合員(準組合員も含む)のみが参加可能だが、将来的には一般の方(非組合員)の参加も見据えたものだろう。実施区域についても今年度は、ウライ下流から瀬波橋までだが、来年度は河口までその範囲が拡大される予定だ。

今回のタックルは、ヘビークラスのロッドに4000番のリール。ラインはスーパートラウト アドバンス[マックスパワーPE]1.5号、リーダーはスーパートラウト アドバンス ビッグトラウト ショックリーダー 20ポンド。ルアーは18gのスプーンや、9cmのミノーなどを主にセレクトした。おおよそ80cmクラスの鮭を想定してのタックル選びだった。

2日間、鮭釣りを楽しんだが、活性が低く、ルアーにチェイスしない鮭に苦戦。小さめのスプーンにタコベイと付け、スローな釣りに徹することで、どうにか結果を出すことができた。

釣れた鮭はサイズ的には80cm弱であったが、やや強引に鮭とやり取りしてもライン等に不安はなかった。ルアーの操作上も問題はなかったため、個人的にはPE 1.5号で正解だったと思う。


鮭の遡上が遅れているとはいえ、流れには鮭の姿も視認できるため、「いかに口を使わせるか」が次回の課題として残った釣行だった。

< トラウト 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ