トラウト フィールドレポート

黒部川支流の黒薙川北又谷

北又谷は黒部川支流の黒薙川にあって、黒部川水系では柳又谷と並んで名渓と言われている谷だ。しかし、入渓するためのアプローチが長く、たどり着くまでに一苦労する場所でもある。今回は小川温泉からタクシーで北又小屋へ行き、そこから目指すことにした。北又谷に降り立つと、明らかに平水より水量が多かった。しかし、遡行できない水量ではないと判断し、三泊四日の沢旅をスタートさせた。

朝の天候は晴れ。最初の長淵は胸まで浸かって、どうにか通過。続く魚止滝は左岸5mのきわどい岩場をヘツリで越える。水量の多い谷の遡行は、泳ぎとヘツリ、高巻きと沢登りの要素満載であった。

大釜渕は、素直に右岸ルンゼから高巻きを選択した。懸垂下降で谷に戻り、ほんの少し遡行すると、さらに高巻きを強いられ、水量の多さによる遡行の大変さを実感した。

初日の行程は、恵振谷出合まで。河原に猫の額ほどの平地を見つけ、タープを張り終えたころで激しい雷雨となった。夜は小雨の予報だったが、午後の雷雨は想定外だった。川の水位はジワリジワリと上昇し、濁りも徐々に出始めた。

こうなるともはやビバークサイトも安全とはいえないため、急きょ撤収。高台の林の中に移動した。

二日目。激流と化していた流れは落ち着き始めたが、水位は高く渡渉は危険なため停滞となった。



停滞中の一匹。

夕方になると水色が好転したため、タックルを用意して又右衛門滝の滝つぼをチェック。



どうにか30cm後半のオスのイワナをキャッチすることができた。

三日目は快晴の朝だった。水位は高いが渡渉が可能となって、早朝から行動を開始した。しかし残りの日程と現在の水量から、上流部への遡行は不可能と判断。恵振谷から登山道に出て北又小屋にエスケープし、今回の沢旅を終了した。

[タックルデータ]
ライン: スーパートラウト アドバンス[マックスパワーPE]0.6号
リーダー:トラウト ショックリーダー 6lb.

< トラウト 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ