バス フィールドレポート

ハイプレッシャーフィールドにチャレンジ

皆様お久しぶりの投稿です。トラウトテスターのモリケンこと森田健太郎です。トラウトがオフシーズンになると毎年、トラウトの釣りの引き出しを増やすためにも、色々な釣りをしている僕ですが、今年は原点であるバスフィッシングにドップリハマっています(笑)。

僕の近くのフィールドですと、大江川・五三川によく行くのですが、休日はおろか、平日でもアングラーの数が多く、中部地区ナンバーワンハイプレッシャーフィールドと言われています。そもそものチャンスが少ない。そんな中で、貴重なワンフィッシュを確実に獲れるかが釣果を左右します。そして今回、その一尾のキャッチにバリバス製品が大いに役に立ってくれたので、フィールドレポートを提出するに至りました。



1枚目と2枚目は同じ魚。3枚目は大江川でのGOODコンディションの魚です。針の傷もなく、釣られていない魚。
この子達はNogales デッド-オア-アライブ フロロカーボン 4lb.のラインを使用しました。この時期特有の、最上流部などの狭い川幅の場所に入ってくる魚を狙っていた訳ですが、川の中には岩・自転車などのストラクチャー、周りには草が生えており、スピニングタックルには非常に不向きなシチュエーションでしたが、そこは流石バリバスライン! 強烈な引きで擦られまくりましたが、紙一重で切れずに繋がってくれました。

余談ですが、フックはNogales ループモスキートの#1番を使用。オカッパリで足元に草などがあると回収中に引っかかってしまい、取りに行くのためには場所を荒らしてしまいますし、ラインを切ってはゴミを残してしまいます…。そんな中、スタックすることなくスルスル回収出来ました! オカッパリアングラーには非常にオススメです。そして、何よりゼロフリクションコートによりフッキングが良い! ガード付きフックに有りがちなフッキングの悪さが解消できているのもまた良いですね!



4、5、6枚目の魚。こちらは五三川でキャッチ! 使用ラインはVARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 8lb.をベイトフィネスで使用。五三川の特徴として、カバーや沈みモノが非常に多い。4、5枚目の魚はファイトの途中に沈んだ杭やら、自転車やらに巻かれましたが、それでも引っ張る角度を変えて引きずり出すことに成功。8lb.という太さは決して太くはないので、無理をしたらラインブレイクします。ですが、魚がストラクチャーに入ってからもアングラー側に考える時間を与えてくれる強度を持ったアブソルート(絶対)のメリットは大きいと思います。そして、6枚目の魚は五三川の最上流部、常にアングラーが入れ替わり立ち代り入るスポットにそーっとアプローチして一撃! ここも、冠水ブッシュなど大いスポットでしたが、アブソルート 8lb.を使用することで安心してファイトできました。細さが故の「操作感の良さ」もまた良いですね!

ハイプレッシャーなフィールドですが、「細くて強い」バリバスラインの真価が活きて、良い釣りさせてもらっています。

[タックルデータ1]
ロッド:MACCA64L+
リール:エクスセンスC3000MHG
ライン:Nogales デッド-オア-アライブ フロロカーボン 4lb
フック:Nogales ループモスキート #1・#1/0
ルアー:プロセンコー(ゲイリーヤマモト) / スタッガーワイドツインテール 2.2inch(ハイドアップ)

[タックルデータ2]
ロッド:MACCA66MLST
リール:アルデバランBFS-XG
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 8lb.
ルアー:スライドフォールジグ2.7g or 3.5g with スタッガーワイド3.3inch(ハイドアップ)/ HUシャッド(ハイドアップ) / スピードキラー(フラッシュユニオン)

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ