バス フィールドレポート

房総メジャーリザーバー三島湖へ釣行

前回の好調に気を良くして、またまた三島湖に釣行してきました。

レンタルボート店房総ロッジより10:00頃出船。三島湖は相変わらずの減水傾向。これは堰堤の緊急工事の影響で、下流域の黒ブイより先は立入禁止となっていますので釣行の際はルール厳守でお願いしますm(_ _”m)

天気も良く人も多かったのでまずは豊英筋の上流域を見に行ってみることにしました。ハードベイトで要所をチェックしながら流して行きますが反応なし。エレキのペラが湖底にあたるくらいの最上流までくると、ここには見えバスがちらほらいました。ノーシンカーのワームをキャストしてみますが、バイト直前で見切られてしまいます。そこでソルトウォーターフィネスPE X8の0.4号にマスターリミテッド ショックリーダー VSPフロロカーボン 5ポンドを結束したタックルで虫パターンを試してみることにしました。

極細PEのメリットを活かし、ロングキャストでアプローチしていくとこれが好反応。アベレージサイズのバスが次々とヒットしました。フックはモスキート #0を使用。ワイヤーガードによってテンポの良い釣りが可能になるので、この釣りには必須のフックですね。

一通り楽しんだところで、サイズアップを求めて下流域のフラットへ移動。スルーダウンショットリーダーを使用したダウンショットリグをラインに結びます。

このリグは準備段階で用意しておけばあとは結ぶだけで使えるのでかなり便利です。フラットのショルダー部分を撃っていくとポロポロと反応がありますが、やはりここでもなかなかサイズが伸びません。

近くで釣りをしていた松本幸雄フィールドテスターがジグヘッド ゲンテンを使用したミドストで連発、サイズも明らかに一回り大きめだったので私も中層狙いに切り替えることにしました。

ランカー狙いで9インチビッグワームのネコリグをチョイス。1/32oz.のネイルシンカーをワームの頭に入れスローフォールさせていきます。フックはワームサイズと合わせてモスキート モンスターの#4/0にしました。キャストを始めてすぐに40センチの良型がヒット。魚体も太かったのでこのパターンがあっているのを確信し、更に攻めていきます。小さなワンドのブレイクでロングポーズをしているとグッと重くなるバイト、十分に送りこんでからフッキングするとかなりの手応えがあり、激しいファイトが始まりました。

何回か猛烈にロッドが絞り込まれましたが、大物に備えラインをアブソルートAAA 14ポンドにしていたので、無事ランディング成功。

グッドコンディションの53センチ。最高の一匹となりました。

レンタルボートも充実し、盛り上がる三島湖。是非釣行してみてください。

[タックルデータ1]
ロッド: 7’02”
リール: イグジスト2508 ZPISSRCハンドル50mm
ライン: アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号
リーダー:マスターリミテッド ショックリーダー VSPフロロカーボン 5LB.

[タックルデータ2]
ロッド:7′0″
リール:アルデバラン BFSXG パワーゲームタイプSハンドル
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート[フロロカーボン] 10LB.

[タックルデータ3]
ロッド:6’10″
リール:Z-PRIDE
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート[フロロカーボン] 14LB.

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ