バス フィールドレポート

バリバス・ノガレスタックルで春のバスフィッシング

こんにちは、九州のフィールドテスター杉山です。先日、4月から解禁となった芹川ダムにボート釣行をしてきました。

今回の釣行はスポーニングの時期と重なり、例年良い岬周りからチェックを始めましたが思うように反応が得られず、岬から少し離れたちょっとした窪みになるような浅いスポットをやってみるとポツポツとバイトが出るようになりました。この時に使用したタックルは、3月に発売されたNogales フッキングマスター リミテッドエディション ライトクラス #2に2.5inch シャッドテールワームをセットしたダウンショットリグ。今回は浅い場所をメインにやりましたが、バスのバイトは極めて小さいものでした。しかし、フッキング後には良型の魚のずっしりした感触が伝わり、何ともたまらない感じです!

今回はライトクラスの#2をメインに使用しましたが、どこまで使えるか試してみようとやってみたところ、1本のフックで10尾ほどバスを釣りましたがまだまだいけそうな様子でした。新品時の初期刺さりはもちろん最高です。僕は自分の爪にフックポイントを引っ掛けて刺さりの甘さをチェックするんですが、このフックはちょっと怖いくらいに食いつきます。また、形状・太さ・番手がさまざま出ているので、ご自分の釣りに合わせて選んでいただけます。

エリアを変えて岩盤に木や竹が引っ掛かっているようなスポットを釣りましたが、こちらは新製品のNogales デッド-オア-アライブ ウルトラパワーフィネス PE X8ダイレクションジグ 3.5gを使用しました。

このPEラインは今回初めて使用しましたが、8本撚りであることと独自の表面加工がされているためか、ライン自体にわずかながらコシがあり非常に使いやすいものでした。強度はいうまでもなく強い!です。さらにマーカーの役割を持つモーショングリーンがベース色の地味なダークグリーンとのコントラストで浮き立つように映えるため、ラインの視認性もすこぶる良好。150m巻きで75m箇所にマーカーが入っているので2セット使えるわけですが、強度が落ちにくいPEラインですのでコストパフォーマンスは極めて高いですね。

さらにエリアを変え上流のフラットエリアでは、Nogales フッキングマスター ジグヘッド ゲンテン 2.5g #2に3inch ピンテールワームをセットしたミドストで小型ながら連発することが出来ました。

このジグヘッドはワームキーパー部が太目になっており、重心がヘッドにより過ぎないので、リグを水平に保ちたいミドストのような釣りにも非常にマッチするようです。姿勢が良いためか致命的な根掛かりもしにくく、ゼロフリクションコートの恩恵でサックリ刺さります。さらにワームキーパー部の形状が絶妙でワームが本当にずれにくい! 自信をもっておススメ出来る完成度の高いジグヘッドです。

結局、朝から夕方までやって1500gを筆頭に大小15~6尾キャッチすることに成功。春のリザーバーフィッシンングを満喫することが出来ました。

今回は芹川ダムのポテンシャルのおかげで、バリバス・ノガレスタックルの性能を改めて体感できた釣行でした。釣りをするのに本当に良い季節になりましたので、皆さんもぜひフィールドに出かけてみてください!

[タックルデータ 1]
ロッド: 6.7ftUL
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター フロロカーボン 3.5lb.
フック: Nogales フッキングマスター リミテッドエディション ライトクラス #2
シンカー:Nogales TGグレネードシンカー ダウンショットシンカー 3.5g
ルアー: 2.5inch シャッドテールワーム

[タックルデータ 2]
ロッド: 7ftML
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ ウルトラパワーフィネス PE X8 1号
リーダー:Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム パワースタウト フロロカーボン 10lb.
ルアー: ダイレクションジグ 3.5g+アバカスシャッド 2.8inch

[タックルデータ 3]
ロッド: 6.8ftUL
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター フロロカーボン 3.5lb.
フック: Nogales フッキングマスター ジグヘッド ゲンテン 2.5g #2

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ