バス フィールドレポート

遠賀川で初バス釣行

明けましておめでとうございます。

九州のフィールドテスター杉山です。今年のバス初釣行を遠賀川でしてきましたのでレポートさせていただきます。

当日の水温は6℃台後半。流石に寒々しい気配が漂います。メインの戦略としては深場の越冬エリア周辺の石積みに差してくるバスをライトリグで丁寧に誘って食わせるという作戦です。

今回はより丁寧にルアーを操作してバスに口を使わせることを優先してラインの番手をアブソルート3LB.に落としてタックルを組んでいました。冬場は特に強風が吹くことが多く釣り辛いことが多いですが、番手を落とすことでラインが風に持っていかれるのを若干なりとも軽減することができます。

今回釣ったのは5mの深場から1.5mまで一気に上がる石積みエリアの3m前後。シャッドテールワームのダウンショットリグをシェイクしつつ岩を乗り越えさせて来たところで1本目のキロフィッシュがヒット。

狙い通りの展開で初バスをキャッチすることができ、一安心です。とは言うものの、流石に季節は冬。なかなか後が続きません。エリアに見切りを付けようかと諦めかけていたところ、根掛かりを外したリアクションで2本目がヒット。

低水温期にも関わらず異様に引くので一瞬魚種を疑いましたが、何とかネットインできたのは今年初の50cmオーバー2.6kgのビッグバスでした。


キャッチした後で3LB.でよく取れたとヒヤッとするサイズでしたが、流石アブソルート。よく耐えてくれました。

フックは、フッキングマスター バーサタイルフィネス #1。冬の貴重なバイトをものにするためによく刺さるフックを使用するのは必要不可欠です。


おかげさまで初釣りとしては大満足の釣行となりました。

[タックルデータ]
ロッド:6.7ft UL
リール:2500番
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート[フロロカーボン]3lb.
フック:Nogales フッキングマスター バーサタイルフィネス#1
シンカー:Nogales TGグレネードシンカー ダウンショットシンカー 2.5g
ルアー:2.5インチ・シャッドテールワーム

やはり、冬は来ればサイズも良いですし、何より釣れた時の嬉しさが格別です。冬ならではの感動があると思いますので、ぜひ釣りに出かけてみてください。まだまだ寒い日が続きますので、防寒対策はお忘れなく!

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ