バス フィールドレポート

フラッシュユニオンCUP参戦記

バスフィールドテスターの恵本です。

7月30日(日)にフィッシングプロショップCAST様主催のバストーナメント、通称キャスト杯のフラッシュユニオンCUPが山口県宇部市の丸山ダムで開催されたので参加してきました。

参加するにあたって前日プラクティスへ。湖を一周して掴めたのは、水深6~8mのディープで魚探にベイトの反応があるポイントにアバカスシャッド 2.8inchか、フラッシュストレート 4.3inchのダウンショットリグを投入すれば、結構簡単に釣れる。しかし、サイズは選べないということだけ。サイズ的には400gぐらいがメインですが、同様の釣り方でキッカーサイズも入りました。アバカスシャッド 2.8inchで約1,300gのグッドバスもキャッチ!

結局、他にコレといったパターンも掴めずに当日を迎えました。酷暑にもかかわらず33名の選手が参加!

参加者の皆さんには、フラッシュユニオン製品・モーリス製品を参加賞として配布!


7時になり競技開始。向かった先は前日よかった本湖の奥側。天気は晴れで水温は29℃台と前日と同じ状況でした。朝一は、シャローの岬や立ち木エリアを中心に、アバカスシャッド 3.3inch(プロト)をセットした7gのテキサスリグで探ってみるも無反応。8時ごろから前日と同じエリアを探るも、やはり反応がないので、レンジを少し下げて9~10mに映るベイトを狙ってみると400gがヒット! ルアーはフラッシュストレート 4.3inch(スモーキンパープル)でした。

そしてまたベイトの反応があるポイントを、同様にアプローチして同サイズが釣れました。しかし、この後は全くで後が続きません。時間だけが無情に過ぎていき、気がつけば時計は11時を回っていました。

ここでやっと前日との違いに気づきました。前日はベイトさえ映れば簡単にバイトしましたが、どうやら当日はベイト+地形変化がキーのようです。魚探に映る10~10.5mのたった50cmのブレイク。そのエッジにフラッシュストレート 4.3inchのダウンショットリグを投入するとバイトが連発! ちなみにシェイクなどのアクションでルアーを動かすとバイトしないので、着底後はステイで誘いました。これは前日プラの時と同じです。

ワームはアバカスシャッド 2.8inchにするとバスより先にワタカが食ってくるので、フラッシュストレート 4.3inchに絞って、スレないように1本釣るたびにカラーローテしました。

前日プラの時にフルメタルソニックで釣れたワタカ!

このポイントでリミットの5本が揃い、その後入れ替えを試みますが同サイズばかりがヒットし、なかなかウエイトアップできません。しかし終了1時間前ぐらいにやっと待望のキロフィッシュ。そして検量へ!

ウエイトは5本で推定2,700~2,800g。しかし、検量待ちの列に並んでいる時に悲劇が…魚を弱らせてしまい2本が検量対象外となって3本での検量となってしまい、結果は1,950gで13位。

魚を弱らせてしまったことは、大会の結果よりも残念なことであり、私的には反省すべき大会になってしまいましたが、全体的には参加33名中32名がウエイイン! そのうち半数の16名がリミットメイクを達成し、釣果的にも素晴らしい大会になりました。

たくさんの賞品、試供品を提供してくださったフラッシュユニオン、モーリス社に感謝いたします。それから主催のキャスト山口店店長様、運営の皆さん、参加者の皆さん、暑い中一日お疲れ様でした!

[使用タックル ダウンショットリグ]
ロッド: 63L
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター フロロカーボン 3.5lb.
ルアー: フラッシュストレート 4.3inch スモーキンパープル / ウィードシュリンプ / サンドシュリンプ
フック: Nogales フッキングマスター ライトクラス #2
シンカー:2.7g

ページトップ