バス フィールドレポート

ループモスキートでの釣果!

みなさま、こんにちは。フィールドテスター柳浦です。

ゴールデンウィークも、あっという間に終わっちゃいましたね~。私はゴールデンウィーク中、新製品のループモスキートを使った野池&河川巡りに行ってきました。ループモスキートはシャンク部にループが設けられており、このループにクイックチェンジャーのシンカーや、スルーダウンショットリーダーを装着できる、ダブルガード付ワッキー用フックです!

いろいろなポイントを巡って感じたことは、プリ・ミッド・アフタースポーンといった、さまざまな状態の魚が混在しているということ。このスポーニング期の魚は、簡単に釣れる時もあれば、なかなか口を使ってくれない時もあり、狙いが非常に絞りにくいことが特徴です。この時期に私が大切だと思っていることは、魚が浮いているレンジにルアーを合わせてやること。そこで活躍するのが、スルーダウンショットリーダーです。スタート時は13cmを使用していましたが、反応が得られなかったため、今年の4月にリリースされた追加規格の20cmに変更。気むずかしい魚を反応させることができました!

既存の2cm・6cm・13cm、そして追加された20cm・30cmの計5規格を状況によって選択することで、より細かなレンジ調整が可能になりました。ループモスキートにスルーダウンショットリーダーを使用し、ストレートワームをワッキー掛けにしてやれば、ワッキーダウンショットリグが完成。カバー周りでも、根掛かりを避けながら攻めることができます。スルーダウンショットリーダー自体に張りがあるので、カバーに絡みにくいことも良いですね。


このダウンショットの状態からリーダー部を外せば、ノーシンカーワッキーリグに早変わり。グレネードシンカーを直に装着すれば、フォールスピードを向上させたり、カバーや深場を攻めやすくしたりできます。リグ変更、ウエイト変更を瞬時にできることが、クイックチェンジャーシステムの素晴らしいところです。

少し深場に落ちたアフタースポーンの魚には、ループモスキート+グレネードシンカーを使って移動距離を抑えたロングシェイクでアプローチし、キャッチできました。一点でシェイクできることが、このリグの大きな利点ですね。

ウィードエリアでは、スピニングタックルに1.8~2.5gのシンカーを使ったリグをセットすると、スタックせずにスルスル抜けていきますよ。コツは、あまりパンパンしゃくらずに、ほぐしながらシェイクしてウィードから抜くイメージです。

ループモスキートには、いろいろな使い方がまだまだあると思いますので、是非使ってみてくださいね!

[使用メインタックル]
ロッド: ブラックウィドウ BWC-MF65L-T[Multi Finess]
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム パワースタウト フロロカーボン 8LB. OVER
フック: Nogales ループモスキート #1/0
シンカー:Nogales グレネードシンカー 5g(約3/16oz.)
      +
     Nogales スルーダウンショットリーダー
ルアー: フラッシュストレート 5.8inch
     ストレートワーム 5.5inch

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ