バス フィールドレポート

デカアバカスで50UPゲット!

皆様こんにちは。フィールドテスターの柳浦です。11月に入り朝晩の冷え込みもきつくなってきましたね。先日、野池のオカッパリに行ったのですが、水の中はまだまだ秋真っ盛りという感じで、アバカスシャッド4.3(通称デカアバカス)のマキマキにバスが果敢にアタックしてきてくれました。

まずは表層を意識したヤル気のある魚から狙うために、デカアバカスのノーシンカーリグをチョイス。このデカアバカスの適合フックですが、ノガレス・フッキングマスターモンスタークラスの#5/0か、ノガレス・フッキングマスターヘビーワイド#5/0がお薦めです。私なりの使い分けとしては、ノーシンカーやテキサスにはモンスター、ボディショットを打ち込む際はヘビーワイドです。自分のスタイルに合わせて色々試してみてください。
ノーシンカーリグで数投すると、子バスやギルが無限にアタックしてきてましたが、それには敢えて合わしません。ここで子バスを釣ってしまうと場が荒れて、小規模な場所だと直ぐにプレッシャーがかかってせっかくのビッグバスチャンスを逃しかねません。色々なサイズが混在するエリアでは、デカイ魚を選んで釣れるのも、このデカアバカスの良いところです。

ということで、この作戦でウィードエリアの表層直下をゆっくりスイミングさせ、40クラスが綺麗に水面を割りました!



ウィードに潜られそうでしたが、ブラックウィドウSH72MH-Tのパワーで、一気に離して難なくランディングできました。7フィート2インチという長さがあるので、ロングキャストも可能なオカッパリにも最適な一本です。アバカスシャッドは、テールが大きくスイングし、ボディをロールさせながら泳ぎます。その際、両サイドにある爪が時折、テールとヒットして、不規則な動きをするので、その動きでバスのスイッチが入ってる感じです。表層への反応がなくなれば、次はボディショット1.2gを打ち込んで、レンジを下げます。しかし、バイトやチェイスはありますが、なかなか乗らない状況。こんな時はカラーチェンジです。ゴールデングリパン→カワエビ→ソフトシェルと、ナチュラル系を試してみます。その時、ビッグバスのチェイスが見えてジャークさせたり速巻きしたりしてみますが寸止め状態。以前、知り合いに聞いた「何をやっても駄目な魚にはデカアバカスのチャートシャイナー」を思い出しての一投目!着水と同時にビッグバスが猛ダッシュからのモンドリングバイト~!!
で、ドーーーン!!



楽勝50UPの傷ひとつない綺麗な魚体。今までの優柔不断が嘘の様に何の迷いもなく狂ったように食ってきました!



デカアバカス、丸呑みです!
カラーチェンジは大事だな、と再確認できた瞬間でした。というか、デカアバカスの波動とチャートシャイナーのマッチングが凄過ぎるの一言です! 体感しないとなかなか信じ難いですが、是非試してみてください(^-^)v



[使用タックル]
ロッド :ブラックウィドウ SH72MH-T
ライン :Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム パワースタウト 12ポンド
ルアー :FLASH UNION アバカスシャッド 4.3インチ
フック :Nogales フッキングマスター モンスタークラス #5/0(ノーシンカー)
     Nogales フッキングマスター ヘビーワイド #5/0(ボディーショット使用)
シンカー:Nogales ボディーショット 1.2g

ページトップ