バス フィールドレポート

雨天時のバスフィッシング

こんにちは、フィールドモニターの杉山です。

今シーズンは台風が多く、個人的に釣行可能な日が雨ということが多いのですが、ドライアーマー レインスーツのおかげで快適に釣りをすることができています。人間的には雨天時は不快なことも多いわけですが、気圧が低いため魚の活性はおおむね良いことが多く、釣りに行くにはむしろグッドコンディションともいえます。

そういう意味では雨天時の釣行を快適にすることができる優れたレインウェアを手にすることは、よいタックルを手にすることと同等以上に価値あることだと思っています。

こちらは雨天時にバズベイトでキャッチしたバス。使用ラインはカバーブレイカー 14lb。

こちらもやはり雨天時におかっぱりで数釣りを楽しんだ際の野池バス。使用ラインはデッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター[フロロカーボン]3.5lb。

最近の釣行で特にお気に入りで使っているライン2アイテム。

やはり巻物にはキャスト時の負荷が少ないナイロンラインがストレスなく扱えます。ナイロンラインではあってもカバーブレイカーは強度・耐摩耗性も高く、魚を掛けた後も安心です。

また、デッドオアアライブ プレミアム フィネスマスター 3.5lbは、個人的に強度・操作性のバランスがもっともよく感じていて、スピニングタックルには必ず組み込んでいる信頼のラインです。

余談ですが、先日おかっぱりにてスレ掛かりしてしまった巨鯉を数分の格闘の末キャッチすることができましたが、改めてラインの強さに驚きました。

ボートの場合は魚を追いかけてラインの負担を減らせるわけですが、この時はおかっぱりだったので強烈な魚の引きに耐えるしかなく、何度切られると思ったことか…。

これから寒くなっていきますが、優れた透湿防水素材のドライアーマーレインスーツは雨天時はもちろん、寒風から身を守るウィンドストッパーとしても着用でき、快適な釣行をサポートしてくれると思います。

これからの季節もお気に入りのアイテムと共に快適な釣行を楽しまれてください。

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ