バス フィールドレポート

チャプター旭川第4戦で優勝しました!

皆様こんにちは。フィールドテスター柳浦です。7月24日に岡山県旭川ダムで行われたチャプター旭川第4戦で優勝することができましたのでレポートいたします。

戦略としては中下流域の縦ストラクチャーでキーパーを揃えて、夏の大定番、最上流域でキッカーフィッシュを狙う作戦でした。幸先良く、朝の一時間でキーパーサイズ2本を捕ることに成功しました。岩盤等の縦ストラクチャーで使用したのがモスキートダブルガードを使用したストレートワームのネコリグ。スピニングタックルでのネコリグですが、岩盤やリップラップではモスキートダブルガードを使用して、フッキング性能を上げています。ウィードや立木、冠水ブッシュは根掛かり回避性能に重点を置いて、モスキートヘビーガードの使用が僕なりの使い分けです。

太陽が上がり、バスがカバーに入るだろうと予測して、今度はカバー打ちにシフト。ユニオンクローのスルーリグを冠水ブッシュやレイダウンに打ち込んでいきます。特に冠水ブッシュは、テキサスよりスルーリグの方がカバーにリグが入り易いです。また着底してからの姿勢やアクションが素晴らしいです。
きっちりカバーに入るとバイトはあるけどノラない状況。岩盤でもノンキーに苦しんだので、ここもキーパーギリギリかノンキーが多いのかな?と思い、シルエットを小さくしてアバカスシャッド2.8をチョイス。この変更が功を奏したのかビッグバイト~!ブラックウィドウSH72MH-Tのパワーで、一気にカバーから引きずり出して、スーパーキッカーの50アップをゲット! キーパー捕りのエリアとルアーセレクトだったのに嬉しい誤算でした。
この地点で10時。いざ、上流勝負です。魚の数は少ないけど体力のあるデカイ魚が上流に差して来るのは今までの経験から解ってますがそんなに簡単ではないことも知ってます。しかしまだ10時、チャンスは充分にあります。上流域の定番ポイントを回っていくと流木の陰に見えバスを発見! 少し距離を取って、ノーシンカーワッキーをドリフトさせるとラインが走った~! 流木にラインを擦られながらもなんとかネットイン! キロオーバーのキッカーフィッシュで入れ替え成功です。4ポンドラインなのでヒヤヒヤでしたが、今回もデッドオアアライブプレミアムに助けられました。
調子に乗ってもう一本!と行きたいところですが、そんなに甘くはなくタイムアップ。

トータルウエイト3402gで優勝することができました!
全体的にローウエイトの試合だったので出来過ぎのスコアです。
今回も素晴らしいタックル達に助けられました。

詳細は下記の通りです。

[使用タックル1]
ロッド: ブラックウィドウ MM62UL-S
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター 4ポンド
ルアー: 5.5inストレートワーム
フック: Nogales モスキート ダブルガード #0

[使用タックル2]
ロッド: ブラックウィドウ SH72MH-T
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム パワースタウト 14ポンド
ルアー: FLASH UNION アバカスシャッド 2.8インチ
フック: Nogales フッキングマスター リングオフセット #1/0
シンカー:Nogales TGグレネード クイックチェンジャー 10g

その他: バリバス PEにシュッ!

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ