バス フィールドレポート

フックの重要性!!

皆さんこんにちはモニターの安藤です。
ゼロフリクショントリプルに交換したルアーでナイスサイズのバスを釣ることができたのでレポートします。

久々の一人でのプライベート釣行(午前中のみ)で普段やらないエリアを開拓するという自分なりの目標を立てて釣りを開始!
するとすぐにダイレクションジグ3.5g + アバカス2.8inchに連発!

夏の定番、マンメイドストラクチャーに投げてフリーフォール。ラインを張るともう食べてる(笑)みたいなかんじですね。

良く釣れるものの30~40までとサイズアップできないため南湖IN。南湖もようやくカナダ藻やエビ藻が成長してきていい感じになってきたので得意なルアーでもあるフローティングミノーの出番です。キモはカナダ藻の上を早巻きのストップ&ゴーができる水深がだら~っと続くエリアです。隙間から飛び出てきます。

去年はせっかく魚を掛けてもリアフック一本でバラシたりウィードに潜られてフックが伸びたりでキャッチ率があまり高くありませんでした…が、今年は違います! ゼロフリクショントリプルという最強のフックを装着済なので安心です(笑)

最初のポイントでいきなりドン


59cm

掛かりもリアフックのみと浅く焦りましたが、無理せず耐えて少しだけ浮いた瞬間に反転させてフロントフックに触ったらサクっと掛かり勝負あり!

近くに浮いていたアングラーからいきなり「こんなウィードが濃いところで良くとれたねぇ~」なんて声をかけられちゃったりして少し照れましたが(笑)
ゼロフリクショントリプルを紹介しておきました!

少し前にも似たサイズを同じルアーで釣りましたが

改めてフックの重要性を感じました。

さて8月は大型連休もあります。ガイドのゲスト様を募集してます。8月はパンチングやスルーリグ、トップにミノーと数釣りから大物まで幅広く狙えますよ~


(画像は去年のものです)

ガイドの問い合わせは『09064615259』or『アメブロ「琵琶湖修行」』or『Facebook 安藤大介メッセンジャー』のどれかで連絡をお待ちしています!

[ミノー用タックル]
ロッド:ブラックウィドウ BWC-AD68M-T[Aero Distance]
ライン:Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム パワースタウト[フロロカーボン]14ポンド
ルアー:フローティングミノー(ゼロフリクショントリプルに交換)
リール:6.3のベイトリール

[スモラバ用タックル]
ロッド:ブラックウィドウ BWC-MF65L-T[Multi Finess]
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート[ フロロカーボン]10ポンド
ルアー:ダイレクションジグ3.5g + アバカスシャッド 2.8inch
リール:ハイギアベイトフィネス専用リール

ページトップ