ソルトルアー フィールドレポート

東北サクラマスジギング釣行

皆さんこんにちは、バリバスフィールドテスター横島です。今回は、アバニ ジギング10×10 PEのテストラインを持って、最近人気急上昇中のサクラマスジギングへ行ってきました。

訪れた場所は岩手県宮古市。東日本大震災で甚大な被害を受けた地区です。現在も復興の最中ですが、多くのアングラーを受け入れてくれ三陸の素晴らしいフィールドを案内してくれる現地の船頭さん達には感謝の気持ちでいっぱいです。

今回のターゲットはサクラマス。難しく貴重なターゲットとされるサクラマスですが、川でのルアーゲームに比べ、海(ジギング)で狙う方が比較的高確率で出会うことができます。そんな貴重なターゲットをキャッチできるかどうかは、ラインの性能に大きく左右されます。そこで今回私は、ラインのテストフィールドとして宮古が最適と思いこの地を訪れました。

サクラマスジギングは中層でのスイムアクションでヒットに持ち込むため、ラインとリーダーはなるべく細い物の方が有利になります。ですが、細くても充分な強度がないラインでは、折角ヒットしたサクラマスを逃してしまうことになってしまいます。ライトラインでも強く、性能を充分に発揮してくれるものがアングラーに貴重な出逢いをもたらしてくれるアイテムとなるのです。


そのために数多くのフィールドで様々なターゲットでテストを繰り返し、より良い製品を造り出すための考察を繰り返しています。

「信頼のバリバス」

みなさまの価値ある釣行のお供に、是非バリバスラインを選んでいただければと思います。

[タックルデータ]
ライン: アバニ ジグング 10×10 PE テストサンプル 1号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー[フロロカーボン]16LB.
フック: VARIVAS アバニ オーシャンワークス ツインアシスト ライトジグ[ゼロフリクション]

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ